consultation

別れさせ屋で相談する内容って?

suvolley No Comments

・よくある相談内容とは?

そもそも別れさせ屋では、どういった相談内容が多いのか気になる人もいると思います。

いくつか相談内容の例をあげてみましょう。

恋人と浮気相手を別れさせる・愛する人を浮気相手から取り戻す、といった恋愛でのトラブルや、別れそうな時に別れを回避する・離婚しそうな時に離婚を回避するというような相談。

また、恋愛に限らず、子どもの非行をやめさせるといったものや、先々の脅威につながる個人や集団を調査するという特殊な相談もあります。

別れさせ屋と聞いて、まず恋愛関連を思い浮かべる人が多いかと思いますが、意外と友好関係や人間関係でのトラブルの相談内容も少なくありません。

このように別れさせ屋では、恋人との関係や夫婦仲のトラブル、子どもの事が心配など、様々な内容の悩みが相談されています。

・取り扱いの難しい相談内容の事例

別れさせ屋でも依頼を断るケースがあります。

ここでは、取り扱いの難しい相談内容とはどのようなものなのか紹介していきます。

まず、差別を基にした依頼内容です。

主にこれは、国籍や人種差別を基にした依頼のことで、部落差別についても同じとなります。

こういった、様々な差別を基に別れさせ屋へ依頼された場合、公序良俗に反する違法行為となるため、請ける事が出来ません。

次に、犯罪につながる恐れのある依頼について説明します。

これは、復縁したいケースや出会いたいケースに関わってきます。

例えば、過去に接近禁止令を出されているにも関わらず、復縁や出会いの依頼をする行為や、未成年者との出会いを希望するといったものが挙げられます。

これは、第三者から見て非常に危険性があり、暴力行為や犯罪行為に繋がってしまう恐れがある為、通常は断ります。

ただし、本人が悩みすぎてわからなくなるぐらいであれば、一度無料相談をするのも1つの方法と考えます。

・相談は早めに!

別れさせ屋に相談するのを躊躇って一人で悩んでいることはありませんか?

その悩みが深ければ深いほど、場合によっては取り返しのつかない事例もあります。

そうなってからでは、いくら別れさせ屋に相談しても解決に至らない事になりますので、まずは自身が信頼できる業者を探し、無料相談から始めましょう。

別れさせ屋の依頼〜相談から終了まで〜

suvolley No Comments

別れさせ屋に依頼をする際には、始まりから終わりまで一連の流れがあります。事務所によって多少の違いはありますが、概ねほぼ同じ流れになります。

それがどんな流れなのか、詳しく紹介いたします。これから相談しようと考えている人の参考になればと思います。

・相談から契約まで

まずは依頼人が、相手の業者に連絡することから始めます。連絡手段は、電話、メールが一般的ですが、中にはチャットなどで対応してくれるところもあります。電話は24時間365日受付しているところもあるようなので、連絡すること自体はさほどハードルは高くないしょう。そして電話で概要を話したところで、実際に面会します。大抵は相手の事務所に赴き、そこで話し合いをすることになります。別れさせ屋は、探偵事務所がやっていることが多く、職業柄あまり目立つような場所にはありません。だから、相手先に行くのは少し勇気がいるかもしれません。そんな時は、喫茶店など第三の場所で会えないか相談してみましょう。

そして、別れさせ屋に内容を説明し、そのあとは料金や契約内容の説明を受けます。そこではあくまで基本的な話であり、相談内容を受けて、実際にどんな工作をするかまでは話しません。そして一旦話を持ち帰り、どんな工作をするか決まり次第、先方から連絡があり、その内容を一通り聞いて、契約するかどうかを決めます。
ここまで、何度か相談することになるのですが、ほとんどの事務所は相談料は取っておりません。相談だけであれば、何度も無料というところが多いので、その点は安心できるのではないでしょうか。

・工作から終了まで

契約成立したら、別れさせ屋によって工作が始まります。終了するまで依頼人はただ見守るだけです。たまに、工作の協力要請がありますが、それ以外は結果を待つ身となります。別れさせ屋にとって終了とは、別れさせることです。依頼人の希望通り、別れることができれば、そこで契約は終了です。この時に、成功報酬として、別途費用の支払いが必要なところもあります。また、最初に支払って経費ですが、もし余ったら返してもらえることもあるようです。

以上が一連の流れとなります。

別れさせ屋に相談するにはどんな方法があるの?

suvolley No Comments

・メール、電話、対面が主流

別れさせ屋を利用する際は、まずは相談をしてみることが必要です。

別れさせるという結果は同じでも、どのような二人を別れさせたいかは千差万別。

あなたの状況を説明して、どのように別れさせ工作をするのか相談をしましょう。

別れさせ屋に相談する場合、「メール」「電話」「対面」の三つが主流です。

メールは一番気が楽ですが、文章だけで状況や希望を正確に相手に伝えるにはかなりの文章力が必要となります。

しかし、メールはいつでも時間が空いたときに書いて送れるというメリットもあるため、まずは簡単な相談や質問をしたい場合に使うには便利です。

電話は、相手と直にやり取りができるため、情報のやり取りがしやすく、離れていても相談できるというメリットがあります。

別れさせ屋にもよりますが、夜遅くまで電話対応してくれるところもあるため、忙しい人でも利用しやすいです。

対面は、わざわざ別れさせ屋の事務所まで足を運ぶ必要がありますが、どんな事務所やスタッフなのか自分の目で確かめられ、より詳しいやり取りをしやすいというメリットがあります。

三つどの方法にもメリットとデメリットがあるので、それを踏まえて自分に合ったやり方で相談してみてください。

・事前に相談内容をまとめておくのがおすすめ

どの方法でする場合でも、ぶっつけ本番でいきなり相談すると、説明に手間取ったり、内容に不備が出てしまいます。

ですからまずは相談する前に、何を相談したいのか、自分の状況や希望、質問したい内容などをメモにまとめてみるのがおすすめです。

この作業は、あなた自身が、自分の状況や希望を改めて確認することにも使えます。

怒りや焦りの感情を抑えて、まずは冷静にメモにまとめて見ましょう。

わからないことは放置せずにわからないものとしてまとめて置き、質問できるものは相談のときにたずねてみるといいです。

この作業をすると成功の確率を高めることにもつながるため、ぜひ行ってみてください。

また、他人には話しにくい相談内容もあると思います。

しかし、別れさせ屋はそうしたケースを年間何十件〜何百件とあつかっているプロです。

隠し事やわからないことを放置していると、成功率の低下にもつながりますから、ぜひどんな内容でも気にせずに相談してください。

別れさせ屋に相談するにはどんな方法があるの?

suvolley No Comments

・メール、電話、対面が主流

別れさせ屋を利用する際は、まずは相談をしてみることが必要です。

別れさせるという結果は同じでも、どのような二人を別れさせたいかは千差万別。

あなたの状況を説明して、どのように別れさせ工作をするのか相談をしましょう。

別れさせ屋に相談する場合、「メール」「電話」「対面」の三つが主流です。

メールは一番気が楽ですが、文章だけで状況や希望を正確に相手に伝えるにはかなりの文章力が必要となります。

しかし、メールはいつでも時間が空いたときに書いて送れるというメリットもあるため、まずは簡単な相談や質問をしたい場合に使うには便利です。

電話は、相手と直にやり取りができるため、情報のやり取りがしやすく、離れていても相談できるというメリットがあります。

別れさせ屋にもよりますが、夜遅くまで電話対応してくれるところもあるため、忙しい人でも利用しやすいです。

対面は、わざわざ別れさせ屋の事務所まで足を運ぶ必要がありますが、どんな事務所やスタッフなのか自分の目で確かめられ、より詳しいやり取りをしやすいというメリットがあります。

三つどの方法にもメリットとデメリットがあるので、それを踏まえて自分に合ったやり方で相談してみてください。

・事前に相談内容をまとめておくのがおすすめ

どの方法でする場合でも、ぶっつけ本番でいきなり相談すると、説明に手間取ったり、内容に不備が出てしまいます。

ですからまずは相談する前に、何を相談したいのか、自分の状況や希望、質問したい内容などをメモにまとめてみるのがおすすめです。

この作業は、あなた自身が、自分の状況や希望を改めて確認することにも使えます。

怒りや焦りの感情を抑えて、まずは冷静にメモにまとめて見ましょう。

わからないことは放置せずにわからないものとしてまとめて置き、質問できるものは相談のときにたずねてみるといいです。

この作業をすると成功の確率を高めることにもつながるため、ぜひ行ってみてください。

また、他人には話しにくい相談内容もあると思います。

しかし、別れさせ屋はそうしたケースを年間何十件〜何百件とあつかっているプロです。

隠し事やわからないことを放置していると、成功率の低下にもつながりますから、ぜひどんな内容でも気にせずに相談してください。

別れさせ屋へ相談はどのようにしたらいいの?

suvolley No Comments

●忙しいならメールや電話を活用する

別れさせ屋の多くは無料でメールや電話で相談にのってくれます。
他人に依頼して別れさせようというのですから、いきなり対面で話すのは怖いし抵抗があるという人は、まずはメールや電話で相談してみてください。
とくに順序だててわかりやすく説明するのが苦手という人は、落ち着いてじっくり文章を練ることができるメールがおすすめです。
文章化すれば、自分自身のおかれた状況や希望が整頓されてよりわかりやすくなります。
とはいえ、メールだけでいきなり依頼を決めるのはオススメできません。
文章だけでは、事務所の雰囲気やスタッフの人柄などはわからないからです。
メールで慣れたら、ぜひ事務所に足を運んでみましょう。
メールでの相談と同じように誠実に対応してくれたか、事務所やスタッフと相性が合いそうかチェックします。

●相談は何度でもしよう

男女の仲は複雑怪奇です。
ましてや別れさせ屋に依頼をしなくてはならない状況は、人間関係の糸が複雑にからみ合っていることがほとんど。
その状況をきちんと説明しつつ、自分の希望までしっかり伝えるのは、相談一回では難しいですよね。
スタッフもあなたもきちんと納得して工作を開始できるようになるまで、相談は何度でもくり返してください。
信用がおける別れさせ屋なら、相談は何度でも無制限にできます。
ちょっと話を聞いただけで、すぐに契約を急かす別れさせ屋は質がよくありません。
また、強引に話を進めようとしたり、あなたが納得していないのに相談を切り上げようとするのも不誠実です。
あなたとスタッフがきちんとコミュニケーションを取れ、状況や希望を理解してもらうことができれば、それだけ依頼の成功率も高まります。
もちろん、工作内容をしっかりつめることも大切です。
別れさせ屋はターゲットの情報に合わせて、工作員や工作内容を調節します。
きちんと相談をすれば、それだけあなたの状況にあったプランを選択することができるのです。
別れたい相手のことを細かく説明するのは苦痛かもしれませんが、希望通り別れるためです。
相談中に聞かれたことにはできるだけ細かく回答してください。

別れさせ屋の利用はまずは相談から

suvolley No Comments

別れさせ屋を利用しようか検討している方にとって、最初のハードルになるのが業者への相談。
具体的に、どういった相談方法があるのか調べてみました。

●相談時にはニックネームでもOK?
多くの業者では、電話とメール(お問い合わせフォーム)にて依頼を受け付けています。
ここで利用者が気になるのは、まだ依頼するかどうか決めかねているのに、別れさせ屋に相談したことが周囲にバレでもしたらどうしよう…ということではないでしょうか。
複数の業者のサイトを調べたところ、そのほとんどがニックネームでの相談を可としていることが分かりました。お問い合わせフォームには名前を記入する欄がありますが、そこにも「仮名でも結構です」といった内容が書かれてある業者が多かったです。
多くの依頼者が気にかけている点なので、配慮されていることが分かります。

●相談後の流れ
それでは電話やメールで相談した後、具体的に話を進めたいと思った場合には、どのような手順で進めていくのでしょうか。
まずは専門の相談員との面談を行います。
業者の事業所へ出向いて面談を行う場合もあれば、依頼者の希望する場所へ相談員が出向いて行う場合もあります。
そこで、現在に至るまでの経緯や、登場人物の性格などを詳しくヒアリングされ、アドバイスやその業者の工作方法などを聞くことができます。
その後は依頼者自身が正式に依頼するかどうかを決定します。
業者によっては、相談や初回面談費を無料としているところもあるので、面談時間をうまく活用してみて下さい。

●相談の結果、受けてもらえないこともある?
相談者が別れさせ屋にお願いしたいと思っていても、電話・メールでの相談や、面談の時点でお断りされるケースもあるようです。
話を聞いて、調査する必要や、工作する必要がない、または工作することでかえって状態が悪化してしまうという場合には、アドバイスのみを行い、依頼を受けることはないそうです。
お断りされる相談者はとショックかもしれませんが、相談者の幸せを第一に考えているからこその対応で、信頼できると言えます。

●まとめ
別れさせ屋はその実態が広く知られていないため、相談に躊躇してしまうかもしれませんが、その分、プライバシーの保護や、無料相談などに力を入れている業者は多くあります。
ぜひ信頼できる業者を探して相談してみて下さい。

パートナーに浮気されたら別れさせ屋に相談してみよう

suvolley No Comments

パートナーが心変わりをしたり、他の相手と浮気してしまったとき、仲の良い友だちや家族に相談する人も多いことでしょう。
しかし相談することはできても、効果的な解決策を教えてくれる人はあまりいません。ほとんどの場合、パートナーと別れるか、または話し合いで解決するよう促されるのではないでしょうか。
実際にパートナーと話し合ったとしても、自分の思いどおりの結果を得られることはありません。パートナーが反省して、すぐに相手と別れることはほとんどないでしょう。ひどい場合は、パートナーに逆ギレされることもあります。
別れたフリをして、こっそり浮気相手と関係を続ける人もいることでしょう。こうなると今まで以上バレないように細心の注意を払いますので、さらに疑心暗鬼になってしまいます。

解決を望むなら別れさせ屋に相談

パートナーが浮気したときは、恋愛のプロに相談するのが一番です。恋愛経験が豊富な人に相談するのも良いですが、その後の駆け引きは自分で行わなくてはならないので、失敗する確率も高くなります。
本当に解決したいと思うなら、別れさせ屋に相談してみてはいかがでしょう。別れさせることを専門に行っているプロなので、相談に乗ってくれるだけでなく、傷ついた心のカウンセリングや自分が本当にどうしたいのか気持ちを導いてくれます。

相談から面談までは無料

別れさせ屋に相談すると料金が必要なのでは?と思いますが、電話やメールでの相談、事務所での面談やカウンセリングまでは無料で行っている事務所も多いようです。
もちろん事務所によって異なりますので、まずは電話やメールで問い合わせしてみるようにしましょう。
事務所によっては資格をもった心理カウンセラーが在籍しており、相談者の気持ちや本心を紐解いてくれます。
恋愛相談だけでなく、気になる料金や調査方法、工作方法なども教えてくれるので、疑問に思っていることや不安に感じていることも一緒に相談してみると良いでしょう。相談は何度しても無料という事務所が多いので、気軽に問い合わせてみてください。

別れさせ屋に相談する際のチェックポイント

suvolley No Comments

信用できる業者なのか?

別れさせ屋の中には違法な事をしたり、依頼者を騙したりするような業者も少なくありません。信用できる別れさせ屋に相談しようと思った場合、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。
別れさせ屋を選ぶときはまずメールや電話での問い合わせをすると思います。その時は丁寧な対応をしていても、実際に工作に取り掛かるとアラが出てしまうことが多いようです。別れさせ屋を選ぶなら相談する段階で面談をしておくとよいでしょう。
面談をするメリットはいくつかあります。例えば、業者の会社や事務所がない場合、その別れさせ屋は何かあった時にいつでも逃亡できるようにオフィスなどを持っていない可能性があります。そうした業者が信用できるわけがありませんので、別れさせ屋に相談するときは指定された場所で面談するようにしましょう。
もしその業者の会社所在地ではない場所を指定された場合は、理由をしっかりと確認しておく必要があります。何らかの理由で会社所在地をぼかしたいという業者は危険です。面談するなら必ず会社所在地で行うようにし、その他の場所を指定されるようであればいい気がきくかきっぱりと断りましょう。

面談の交通費は自費で

別れさせ屋の会社所在地が遠距離にある場合でも依頼者自身が現地に足を運ぶことをおすすめします。オフィスの様子を見ればパソコンやデスクの数などがチェックできます。それを確認できればそこには複数のスタッフが作業をしているとわかりますので、会社としての信用度が高まります。
逆に、遠いところから依頼者が面談に訪れたいと言っているのにかたくなに別の場所を提案する業者は警戒した方がよいでしょう。会社所在地がないか、見られたくないという思惑があると考えられるからです。出張面談を申し出られた場合、一見親切に見えますがそのような理由があって出張を提案してくるようであれば信用できません。
また、面談場所に行く時の交通費は自分で負担するようにしましょう。別れさせ屋によっては会社所在地までの交通費を負担すると申し出るところがありますが、そこにつけこまれる可能性があります。交通費を払ったのだから依頼をしてほしいという論法に引っかからないためにも、別れさせ屋と面談する時は自分のお金で行くことをおすすめします。

別れさせ屋への工作依頼の第一歩は相談から

suvolley No Comments

別れさせ工作を考えるなら、相談をしよう

別れさせ屋に誰かを別れさせるための工作を頼もうと思っているなら、またそう考えているなら、まずは相談をするようにしてください。どうしてかと言えば、どういった相手を別れさせたいのか、というのはそれぞれの方で違っているはずだからです。その違いというのは、本当に多くの要因から成り立っており、例えば依頼する側にしても、別れさせたいと思うようになった原因、どういう別れ方を望んでいるのか、別れさせた後どうしたいのか、何を持って別れたと扱うのか、というような具合です。同様に、対象となる側に対しても言えて、別れさせたい相手はどういう性格・考え方・他の相手に対してどう接する人間なのか、職業はどういったもので、そこまでの移動経路や移動方法は、そしてさらにその相手の情報は、などどう考えても、それぞれの方々で違いますよね。これらはほんのごく一部ですけれど、本当に多くの要因によって別れさせ屋の取るべき行動も違ってきますし、依頼する側が求めるものも違ってきます。ということは、依頼する人ごとに適したプランや計画もまたそれぞれでまったく違うわけです。だからこそ、こういった別れさせ工作を考えているのなら、まずは別れさせ屋に相談をしてみることから始めるようススメたいのです。

その相談の中で

別れさせ屋との相談の中で、話を聞いてくれる担当の方に話すべきこと、伝えるべきことは、別れさせたいと思うに至るまでの経緯であったり、冒頭で紹介したような対象となる人の詳細な情報などで、そういった別れさせ工作に必要となる情報を中心に相談をするようにしましょう。そうした情報から、どういった調査を試みて、また実際に工作をしていくかといったことを説明してくれますし、そこから大体どれくらいの実働回数を要し、もし契約をした場合はどれくらいのお金がかかるのか、などを説明や提案してくれます。それらを聞き、確認をしてから別れさせ屋に頼むのが、取るべき流れです。その相談に無料で乗ってくれる別れさせ屋もありますから、そういったところを選んで相談をして、その心の中に広がっている悩みを解決できる道を歩み始めてみてはいかがでしょうか。

別れさせ屋へ相談するときの注意

suvolley No Comments

じっくり相談するのが成功への鍵

別れさせ屋を利用したいけど、恥ずかしいからとにかく依頼はさっさと済ませたいなんて考えていませんか?
その考えは失敗の元です。
デリケートな問題だからこそ、きちんと希望を伝えて納得がいくまで相談しましょう。
なんと、ある別れさせ屋では、依頼の15%が過去に失敗した別れさせ工作のやりなおしだったというデータもあります。
それだけ別れさせ屋はきちんと選ばないと失敗するリスクがあるのです。はじめてのことでハードルが高く、戸惑うこともあるでしょうが、ここは腹をくくってしっかり相談をしてください。
多くの別れさせ屋は無料で相談を受け付けています。
逆に、相談だけで費用が発生するような別れさせ屋は些細なことからでも料金を掛けようという姿勢なので、おすすめできません。
相談方法は、一般的にはメール、電話、対面があります。
いきなり対面や電話で相談するのには抵抗があるという場合は、まずはメールからはじめましょう。

対面相談のススメ

気楽にできるメール相談ですが、できれば最終的には対面で相談をしてください。
対面相談は、喫茶店などで行うものと、別れさせ屋がある事務所まで行くものがありますが、おすすめなのは事務所まで足を運んで相談することです。
別れさせ屋というと怖い組織のように感じますが、その多くは探偵事務所や探偵資格を持った人が行っています。
どのような事務所で、どんな人が工作をするのか直接会って様子を肌で感じて、納得できたところと契約をしたほうが成功率は高まるのです。
対面相談しても怖いという気持ちが抜けなかったら、そこはあなたに合っていません。あなたの信頼も得られないような人たちが、別れさせ工作を成功できるはずがないのです。
相談を親身になって聞いてくれ適切なアドバイスがすぐに返ってくるか、言動や雰囲気が怪しくないか、事務所や相談相手はあなたと相性が合いそうか、相談しながらよく観察してみましょう。
また、どんな別れさせ屋でも100%成功するなんてことはありません。なのに絶対に成功できると念押しして契約を結ぼうとしてくるところはかえって信用できませんので、口車に乗らないでくださいね。