consultation

「別れさせ屋に寄せられる不倫の悩み」

suvolley No Comments

既婚者と交際している場合は、いわゆる“不倫関係”になり、どちらも結婚している場合は、“W不倫”と言われています。しかし、不倫関係にある本人同士は、真剣に交際しており、やっと出会うことができた、最愛のパートナーだとお互い思っていることもあります。「既婚者」という事実がなければ、2人は最高の幸せを手に入れられる関係なのかもしれません。

●不倫関係の悩み

不倫をしている人は、社会的にも道徳的にも肩身が狭い立場にあるかもしれませんが、2人が愛し合っていることは、普通に恋愛をしている人と変わらないのです。独身の男女が交際していても、浮気の問題や元恋人の存在で悩むこともあるでしょう。それは、結婚してからも、不倫や愛人の問題でトラブルとなることもあるので、悩まされる問題はあまり変わらないのです。

しかし、「不倫相手の夫婦を離婚させたい」となると、どこかで罪悪感をもってしまう方も多いでしょう。また、不倫に関しては、社会的に良いイメージはありませんし、友人など近い人からも白い目で見られてしまうこともあります。それに、別れさせ屋に依頼し、工作で離婚させてまで手に入れることが、本当の幸せなのか…と悩んでしまうかもしれません。

●略奪愛は悪いこと?

誰でも、「自分のこれからの人生を幸せなものにしたい」と願うと思います。そのためには、不倫相手に離婚してもらうことが自分にとって一番の方法、という方もいるでしょう。このような“略奪愛”は、世間的には良くないことと思われてしまいますが、決して悪いだけのことではないのです。

なぜなら、不倫相手も家族に隠してまで浮気をしているということは、奥さんや家庭に問題を抱えている場合があるからです。家庭の問題を相手から聞かされていることもあるでしょうし、配偶者も夫の浮気に気づいていても、夫婦関係が冷めきっていて、何も言わないこともあります。また、子どものためだけに、形だけの夫婦関係を続けている家庭もあります。しかし、子どもも両親の違和感に気づいていることもあり、居心地の悪さを感じていることもあります。

このことから、略奪愛は家庭を壊すものではなく、不倫相手の家庭にとっても、本当の幸せを考えるきっかけとなることもあるのです。

「おすすめできない別れさせ屋」

suvolley No Comments

別れさせ屋のサービスを行っている業者の中には、注意しなければならない“悪徳業者”もあります。幸せを手に入れるために高額な費用を払っても、別れさせ工作が失敗に終わったり、トラブルに巻き込まれたりしてしまうこともあるので、別れさせ屋選びは慎重に行うことが大切です。別れさせ屋の悪徳業者に引っかからないためには、次のことを確認することをおすすめします。

●会社の所在地が明記されていない

別れさせ屋業者の多くは、ホームページを開設しているところがほとんどで、「会社概要」のページを見れば、どんな会社なのかわかります。経験と実績のある優良な会社なら、何も隠すことなく全てを公表しています。ところが、中には、住所や代表者の名前を明記していない会社もあります。

面談の時も、カフェやホテルラウンジなど、会社ではない場所を指定したり、「こちらからお迎えに上がります」と住所を教えなくて済む状況を作ったりする業者は、事務所を構えていない可能性があります。住所がわからない業者の中には、「費用を支払ったら、連絡が一切取れなくなってしまった」というトラブルも起きています。

●電話をかけると毎回同じ人が対応する

ホームページで、「多数の調査員や工作員が常駐」と書かれていると安心感がありますが、会社に電話をかけてみると、いつも同じ人が出ることがあります。偶然同じ人が出ていたり、電話対応担当の人がいたりすることも考えられますが、毎回、毎回、同じ人の場合は、少し疑った方が良いでしょう。

毎回、会社の代表者という人が電話に出るなら、ホームページなどで公表しているスタッフの人数はウソで、その代表者が1人で営んでいる可能性もあります。別れさせ屋の業務は1人でこなせるようなものではありません。そのため、不安に感じたら、スタッフについてしっかりと確認することが大切です。

●法律に違反するような工作を行おうとする

別れさせ屋が行う工作には、工作員が対象者に近づいて肉体関係をもち、既成事実を作って別れさせる方法を提案してくる業者も多いです。しかし、既成事実を持ってそれを盾にして迫るようなことをすれば、場合によっては、「脅迫行為」とされることもあります。そして、対象者が不審に思って警察に相談すれば、依頼者もその行為に加担したことになってしまいます。

信頼できる別れさせ屋は、“体”を利用するのではなく、“心”を動かす工作を選びます。「取りあえず肉体関係を結んでしまえば良い」という考えの業者は、その後のトラブルを呼び込むので、絶対におすすめできません。

東京でパートナーの不倫に悩んだときは別れさせ屋に相談を

suvolley No Comments

上京がきっかけでパートナーが浮気することも

結婚を機に上京する人も多いことでしょう。これまで住み慣れた土地を離れて生活を始めることに不安を感じても、夫婦二人なら乗り越えていけると思うものです。
しかし、慣れない土地での生活にストレスや不満を感じ、パートナーが浮気してしまうケースも少なくありません。
地元であれば、友だちや家族などにパートナーの浮気を相談することもできますが、東京では近くに誰も知り合いがいない状況なので、一人で悩みを抱えて苦しい思いをすることもあるでしょう。
また、遠く離れた友だちや家族に心配をかけまいとして、あえてパートナーの浮気を相談しないこともあるようです。
しかし、パートナーの浮気に悩まされたままの生活を続けていると、夫婦関係だけでなく自分の精神状態までおかしくなってしまうため、早期に解決することが必要です。
悩みの元となっている不倫関係を解消させるには、プロの別れさせ屋に依頼してみるのがおススメです。

不倫関係を長引かせないことがポイント

実際に悩みの元となっている原因を解決しなければ、円満な夫婦関係を取り戻せないこともあります。
自分さえ別れなければ、いつかは終わるはずと思っている人も多いですが、不倫関係が半年で終わることもあれば、何十年も続くこともあります。
不倫も夫婦関係と同様で、長引けば長引くほど別れるときにこじれてしまいます。パートナーの不倫に気付いた場合は見て見ぬフリをするのではなく、別れさせ屋などを利用してすぐに関係を解消させるに限ります。
不倫が長期的になってくると、不倫相手も結婚を望んだり、下手をすれば子どもができたなどの問題が出てくることもありますので、早期解決するように心がけましょう。
東京に誰も心を許せる相手がいない場合、別れさせ屋に相談してみると良いでしょう。別れさせ屋は電話相談やメール相談を無料で受け付けていることが多く、会社によっては無料でカウンセリングを行ってくれることもあります。
費用によってプランを選べる会社も多いので、まずは相談してみることから始めてみてはいかがでしょうか。

浮気をやめさせたいときは別れさせ屋を利用しよう

suvolley No Comments

別れさせ屋とは?

別れさせ屋とは一般的に、お客様から依頼を受けたカップルに対して恋愛工作を仕掛け、別れさせるサービスのことをいいます。
探偵事務所が別れさせ屋を行っている場合もあれば、別れさせ屋を専門に行っている会社もあります。
夫や妻、または恋人が浮気しているときにその証拠をつかむために依頼するのが探偵社であって、自分の配偶者や恋人の浮気相手と別れさせたいときに依頼するのが別れさせ屋です。
配偶者や恋人と別れたいと思う場合は、パートナーの浮気や不倫現場の証拠を確実に手に入れることができる探偵社に依頼するべきでしょう。
浮気現場の証拠写真などは離婚調停や裁判などで有利に働くため、離婚するつもりの場合は探偵社を利用するほうが賢明です。
しかし、配偶者や恋人の浮気をやめさせたい、または自分の元に戻ってきてほしいと思う場合は、別れさせ屋を利用したほうが良いでしょう。

別れさせ屋に依頼するときに気を付ける点

別れさせ屋を利用するケースはさまざまです。例えば恋人が新たな恋人を作り別れを告げられたとき、別れた恋人と復縁したいために別れさせ屋に依頼する人もいます。
また、夫や妻が不倫をやめようとしない場合、自分は離婚するつもりがなければ、どうにか不倫相手と別れさせたいと思うこともあるでしょう。
他にもパートナーから暴力を受けている場合、別れを伝えるとさらに暴力を振るわれることがあるため、怖くて別れをいい出せない人もいます。そうした場合に、相手が自ら離れていってくれるよう、別れさせ屋に依頼するケースもあります。
別れさせ屋に依頼する理由はさまざまですが、浮気をされて利用する場合は注意が必要です。
ただ浮気をやめさせたい一心で利用した場合、その相手とは浮気を一時的にやめさせることはできるでしょう。
しかし、時間が過ぎて気持ちが落ち着いたとき、再度他の相手と浮気することも考えられます。
きちんとした別れさせ屋であれば、そうした問題点も指摘してくれますので、ただ別れさせることを目標とするのではなく、その後二人がどうすればうまく続けることができるのかも提案してくれることでしょう。

別れさせ屋で相談する内容って?

suvolley No Comments

・よくある相談内容とは?

そもそも別れさせ屋では、どういった相談内容が多いのか気になる人もいると思います。

いくつか相談内容の例をあげてみましょう。

恋人と浮気相手を別れさせる・愛する人を浮気相手から取り戻す、といった恋愛でのトラブルや、別れそうな時に別れを回避する・離婚しそうな時に離婚を回避するというような相談。

また、恋愛に限らず、子どもの非行をやめさせるといったものや、先々の脅威につながる個人や集団を調査するという特殊な相談もあります。

別れさせ屋と聞いて、まず恋愛関連を思い浮かべる人が多いかと思いますが、意外と友好関係や人間関係でのトラブルの相談内容も少なくありません。

このように別れさせ屋では、恋人との関係や夫婦仲のトラブル、子どもの事が心配など、様々な内容の悩みが相談されています。

・取り扱いの難しい相談内容の事例

別れさせ屋でも依頼を断るケースがあります。

ここでは、取り扱いの難しい相談内容とはどのようなものなのか紹介していきます。

まず、差別を基にした依頼内容です。

主にこれは、国籍や人種差別を基にした依頼のことで、部落差別についても同じとなります。

こういった、様々な差別を基に別れさせ屋へ依頼された場合、公序良俗に反する違法行為となるため、請ける事が出来ません。

次に、犯罪につながる恐れのある依頼について説明します。

これは、復縁したいケースや出会いたいケースに関わってきます。

例えば、過去に接近禁止令を出されているにも関わらず、復縁や出会いの依頼をする行為や、未成年者との出会いを希望するといったものが挙げられます。

これは、第三者から見て非常に危険性があり、暴力行為や犯罪行為に繋がってしまう恐れがある為、通常は断ります。

ただし、本人が悩みすぎてわからなくなるぐらいであれば、一度無料相談をするのも1つの方法と考えます。

・相談は早めに!

別れさせ屋に相談するのを躊躇って一人で悩んでいることはありませんか?

その悩みが深ければ深いほど、場合によっては取り返しのつかない事例もあります。

そうなってからでは、いくら別れさせ屋に相談しても解決に至らない事になりますので、まずは自身が信頼できる業者を探し、無料相談から始めましょう。

別れさせ屋の依頼〜相談から終了まで〜

suvolley No Comments

別れさせ屋に依頼をする際には、始まりから終わりまで一連の流れがあります。事務所によって多少の違いはありますが、概ねほぼ同じ流れになります。

それがどんな流れなのか、詳しく紹介いたします。これから相談しようと考えている人の参考になればと思います。

・相談から契約まで

まずは依頼人が、相手の業者に連絡することから始めます。連絡手段は、電話、メールが一般的ですが、中にはチャットなどで対応してくれるところもあります。電話は24時間365日受付しているところもあるようなので、連絡すること自体はさほどハードルは高くないしょう。そして電話で概要を話したところで、実際に面会します。大抵は相手の事務所に赴き、そこで話し合いをすることになります。別れさせ屋は、探偵事務所がやっていることが多く、職業柄あまり目立つような場所にはありません。だから、相手先に行くのは少し勇気がいるかもしれません。そんな時は、喫茶店など第三の場所で会えないか相談してみましょう。

そして、別れさせ屋に内容を説明し、そのあとは料金や契約内容の説明を受けます。そこではあくまで基本的な話であり、相談内容を受けて、実際にどんな工作をするかまでは話しません。そして一旦話を持ち帰り、どんな工作をするか決まり次第、先方から連絡があり、その内容を一通り聞いて、契約するかどうかを決めます。
ここまで、何度か相談することになるのですが、ほとんどの事務所は相談料は取っておりません。相談だけであれば、何度も無料というところが多いので、その点は安心できるのではないでしょうか。

・工作から終了まで

契約成立したら、別れさせ屋によって工作が始まります。終了するまで依頼人はただ見守るだけです。たまに、工作の協力要請がありますが、それ以外は結果を待つ身となります。別れさせ屋にとって終了とは、別れさせることです。依頼人の希望通り、別れることができれば、そこで契約は終了です。この時に、成功報酬として、別途費用の支払いが必要なところもあります。また、最初に支払って経費ですが、もし余ったら返してもらえることもあるようです。

以上が一連の流れとなります。

別れさせ屋に相談するにはどんな方法があるの?

suvolley No Comments

・メール、電話、対面が主流

別れさせ屋を利用する際は、まずは相談をしてみることが必要です。

別れさせるという結果は同じでも、どのような二人を別れさせたいかは千差万別。

あなたの状況を説明して、どのように別れさせ工作をするのか相談をしましょう。

別れさせ屋に相談する場合、「メール」「電話」「対面」の三つが主流です。

メールは一番気が楽ですが、文章だけで状況や希望を正確に相手に伝えるにはかなりの文章力が必要となります。

しかし、メールはいつでも時間が空いたときに書いて送れるというメリットもあるため、まずは簡単な相談や質問をしたい場合に使うには便利です。

電話は、相手と直にやり取りができるため、情報のやり取りがしやすく、離れていても相談できるというメリットがあります。

別れさせ屋にもよりますが、夜遅くまで電話対応してくれるところもあるため、忙しい人でも利用しやすいです。

対面は、わざわざ別れさせ屋の事務所まで足を運ぶ必要がありますが、どんな事務所やスタッフなのか自分の目で確かめられ、より詳しいやり取りをしやすいというメリットがあります。

三つどの方法にもメリットとデメリットがあるので、それを踏まえて自分に合ったやり方で相談してみてください。

・事前に相談内容をまとめておくのがおすすめ

どの方法でする場合でも、ぶっつけ本番でいきなり相談すると、説明に手間取ったり、内容に不備が出てしまいます。

ですからまずは相談する前に、何を相談したいのか、自分の状況や希望、質問したい内容などをメモにまとめてみるのがおすすめです。

この作業は、あなた自身が、自分の状況や希望を改めて確認することにも使えます。

怒りや焦りの感情を抑えて、まずは冷静にメモにまとめて見ましょう。

わからないことは放置せずにわからないものとしてまとめて置き、質問できるものは相談のときにたずねてみるといいです。

この作業をすると成功の確率を高めることにもつながるため、ぜひ行ってみてください。

また、他人には話しにくい相談内容もあると思います。

しかし、別れさせ屋はそうしたケースを年間何十件〜何百件とあつかっているプロです。

隠し事やわからないことを放置していると、成功率の低下にもつながりますから、ぜひどんな内容でも気にせずに相談してください。

別れさせ屋に相談するにはどんな方法があるの?

suvolley No Comments

・メール、電話、対面が主流

別れさせ屋を利用する際は、まずは相談をしてみることが必要です。

別れさせるという結果は同じでも、どのような二人を別れさせたいかは千差万別。

あなたの状況を説明して、どのように別れさせ工作をするのか相談をしましょう。

別れさせ屋に相談する場合、「メール」「電話」「対面」の三つが主流です。

メールは一番気が楽ですが、文章だけで状況や希望を正確に相手に伝えるにはかなりの文章力が必要となります。

しかし、メールはいつでも時間が空いたときに書いて送れるというメリットもあるため、まずは簡単な相談や質問をしたい場合に使うには便利です。

電話は、相手と直にやり取りができるため、情報のやり取りがしやすく、離れていても相談できるというメリットがあります。

別れさせ屋にもよりますが、夜遅くまで電話対応してくれるところもあるため、忙しい人でも利用しやすいです。

対面は、わざわざ別れさせ屋の事務所まで足を運ぶ必要がありますが、どんな事務所やスタッフなのか自分の目で確かめられ、より詳しいやり取りをしやすいというメリットがあります。

三つどの方法にもメリットとデメリットがあるので、それを踏まえて自分に合ったやり方で相談してみてください。

・事前に相談内容をまとめておくのがおすすめ

どの方法でする場合でも、ぶっつけ本番でいきなり相談すると、説明に手間取ったり、内容に不備が出てしまいます。

ですからまずは相談する前に、何を相談したいのか、自分の状況や希望、質問したい内容などをメモにまとめてみるのがおすすめです。

この作業は、あなた自身が、自分の状況や希望を改めて確認することにも使えます。

怒りや焦りの感情を抑えて、まずは冷静にメモにまとめて見ましょう。

わからないことは放置せずにわからないものとしてまとめて置き、質問できるものは相談のときにたずねてみるといいです。

この作業をすると成功の確率を高めることにもつながるため、ぜひ行ってみてください。

また、他人には話しにくい相談内容もあると思います。

しかし、別れさせ屋はそうしたケースを年間何十件〜何百件とあつかっているプロです。

隠し事やわからないことを放置していると、成功率の低下にもつながりますから、ぜひどんな内容でも気にせずに相談してください。

別れさせ屋へ相談はどのようにしたらいいの?

suvolley No Comments

●忙しいならメールや電話を活用する

別れさせ屋の多くは無料でメールや電話で相談にのってくれます。
他人に依頼して別れさせようというのですから、いきなり対面で話すのは怖いし抵抗があるという人は、まずはメールや電話で相談してみてください。
とくに順序だててわかりやすく説明するのが苦手という人は、落ち着いてじっくり文章を練ることができるメールがおすすめです。
文章化すれば、自分自身のおかれた状況や希望が整頓されてよりわかりやすくなります。
とはいえ、メールだけでいきなり依頼を決めるのはオススメできません。
文章だけでは、事務所の雰囲気やスタッフの人柄などはわからないからです。
メールで慣れたら、ぜひ事務所に足を運んでみましょう。
メールでの相談と同じように誠実に対応してくれたか、事務所やスタッフと相性が合いそうかチェックします。

●相談は何度でもしよう

男女の仲は複雑怪奇です。
ましてや別れさせ屋に依頼をしなくてはならない状況は、人間関係の糸が複雑にからみ合っていることがほとんど。
その状況をきちんと説明しつつ、自分の希望までしっかり伝えるのは、相談一回では難しいですよね。
スタッフもあなたもきちんと納得して工作を開始できるようになるまで、相談は何度でもくり返してください。
信用がおける別れさせ屋なら、相談は何度でも無制限にできます。
ちょっと話を聞いただけで、すぐに契約を急かす別れさせ屋は質がよくありません。
また、強引に話を進めようとしたり、あなたが納得していないのに相談を切り上げようとするのも不誠実です。
あなたとスタッフがきちんとコミュニケーションを取れ、状況や希望を理解してもらうことができれば、それだけ依頼の成功率も高まります。
もちろん、工作内容をしっかりつめることも大切です。
別れさせ屋はターゲットの情報に合わせて、工作員や工作内容を調節します。
きちんと相談をすれば、それだけあなたの状況にあったプランを選択することができるのです。
別れたい相手のことを細かく説明するのは苦痛かもしれませんが、希望通り別れるためです。
相談中に聞かれたことにはできるだけ細かく回答してください。

別れさせ屋の利用はまずは相談から

suvolley No Comments

別れさせ屋を利用しようか検討している方にとって、最初のハードルになるのが業者への相談。
具体的に、どういった相談方法があるのか調べてみました。

●相談時にはニックネームでもOK?
多くの業者では、電話とメール(お問い合わせフォーム)にて依頼を受け付けています。
ここで利用者が気になるのは、まだ依頼するかどうか決めかねているのに、別れさせ屋に相談したことが周囲にバレでもしたらどうしよう…ということではないでしょうか。
複数の業者のサイトを調べたところ、そのほとんどがニックネームでの相談を可としていることが分かりました。お問い合わせフォームには名前を記入する欄がありますが、そこにも「仮名でも結構です」といった内容が書かれてある業者が多かったです。
多くの依頼者が気にかけている点なので、配慮されていることが分かります。

●相談後の流れ
それでは電話やメールで相談した後、具体的に話を進めたいと思った場合には、どのような手順で進めていくのでしょうか。
まずは専門の相談員との面談を行います。
業者の事業所へ出向いて面談を行う場合もあれば、依頼者の希望する場所へ相談員が出向いて行う場合もあります。
そこで、現在に至るまでの経緯や、登場人物の性格などを詳しくヒアリングされ、アドバイスやその業者の工作方法などを聞くことができます。
その後は依頼者自身が正式に依頼するかどうかを決定します。
業者によっては、相談や初回面談費を無料としているところもあるので、面談時間をうまく活用してみて下さい。

●相談の結果、受けてもらえないこともある?
相談者が別れさせ屋にお願いしたいと思っていても、電話・メールでの相談や、面談の時点でお断りされるケースもあるようです。
話を聞いて、調査する必要や、工作する必要がない、または工作することでかえって状態が悪化してしまうという場合には、アドバイスのみを行い、依頼を受けることはないそうです。
お断りされる相談者はとショックかもしれませんが、相談者の幸せを第一に考えているからこその対応で、信頼できると言えます。

●まとめ
別れさせ屋はその実態が広く知られていないため、相談に躊躇してしまうかもしれませんが、その分、プライバシーの保護や、無料相談などに力を入れている業者は多くあります。
ぜひ信頼できる業者を探して相談してみて下さい。