別れさせ屋に相談するにはどんな方法があるの?

別れさせ屋に相談するにはどんな方法があるの?

suvolley No Comment
consultation
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋に相談するにはどんな方法があるの?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋に相談するにはどんな方法があるの?Get Suvolley

・メール、電話、対面が主流

別れさせ屋を利用する際は、まずは相談をしてみることが必要です。

別れさせるという結果は同じでも、どのような二人を別れさせたいかは千差万別。

あなたの状況を説明して、どのように別れさせ工作をするのか相談をしましょう。

別れさせ屋に相談する場合、「メール」「電話」「対面」の三つが主流です。

メールは一番気が楽ですが、文章だけで状況や希望を正確に相手に伝えるにはかなりの文章力が必要となります。

しかし、メールはいつでも時間が空いたときに書いて送れるというメリットもあるため、まずは簡単な相談や質問をしたい場合に使うには便利です。

電話は、相手と直にやり取りができるため、情報のやり取りがしやすく、離れていても相談できるというメリットがあります。

別れさせ屋にもよりますが、夜遅くまで電話対応してくれるところもあるため、忙しい人でも利用しやすいです。

対面は、わざわざ別れさせ屋の事務所まで足を運ぶ必要がありますが、どんな事務所やスタッフなのか自分の目で確かめられ、より詳しいやり取りをしやすいというメリットがあります。

三つどの方法にもメリットとデメリットがあるので、それを踏まえて自分に合ったやり方で相談してみてください。

・事前に相談内容をまとめておくのがおすすめ

どの方法でする場合でも、ぶっつけ本番でいきなり相談すると、説明に手間取ったり、内容に不備が出てしまいます。

ですからまずは相談する前に、何を相談したいのか、自分の状況や希望、質問したい内容などをメモにまとめてみるのがおすすめです。

この作業は、あなた自身が、自分の状況や希望を改めて確認することにも使えます。

怒りや焦りの感情を抑えて、まずは冷静にメモにまとめて見ましょう。

わからないことは放置せずにわからないものとしてまとめて置き、質問できるものは相談のときにたずねてみるといいです。

この作業をすると成功の確率を高めることにもつながるため、ぜひ行ってみてください。

また、他人には話しにくい相談内容もあると思います。

しかし、別れさせ屋はそうしたケースを年間何十件〜何百件とあつかっているプロです。

隠し事やわからないことを放置していると、成功率の低下にもつながりますから、ぜひどんな内容でも気にせずに相談してください。