「別れさせ屋に寄せられる不倫の悩み」

「別れさせ屋に寄せられる不倫の悩み」

suvolley No Comment
consultation
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「別れさせ屋に寄せられる不倫の悩み」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「別れさせ屋に寄せられる不倫の悩み」Get Suvolley

既婚者と交際している場合は、いわゆる“不倫関係”になり、どちらも結婚している場合は、“W不倫”と言われています。しかし、不倫関係にある本人同士は、真剣に交際しており、やっと出会うことができた、最愛のパートナーだとお互い思っていることもあります。「既婚者」という事実がなければ、2人は最高の幸せを手に入れられる関係なのかもしれません。

●不倫関係の悩み

不倫をしている人は、社会的にも道徳的にも肩身が狭い立場にあるかもしれませんが、2人が愛し合っていることは、普通に恋愛をしている人と変わらないのです。独身の男女が交際していても、浮気の問題や元恋人の存在で悩むこともあるでしょう。それは、結婚してからも、不倫や愛人の問題でトラブルとなることもあるので、悩まされる問題はあまり変わらないのです。

しかし、「不倫相手の夫婦を離婚させたい」となると、どこかで罪悪感をもってしまう方も多いでしょう。また、不倫に関しては、社会的に良いイメージはありませんし、友人など近い人からも白い目で見られてしまうこともあります。それに、別れさせ屋に依頼し、工作で離婚させてまで手に入れることが、本当の幸せなのか…と悩んでしまうかもしれません。

●略奪愛は悪いこと?

誰でも、「自分のこれからの人生を幸せなものにしたい」と願うと思います。そのためには、不倫相手に離婚してもらうことが自分にとって一番の方法、という方もいるでしょう。このような“略奪愛”は、世間的には良くないことと思われてしまいますが、決して悪いだけのことではないのです。

なぜなら、不倫相手も家族に隠してまで浮気をしているということは、奥さんや家庭に問題を抱えている場合があるからです。家庭の問題を相手から聞かされていることもあるでしょうし、配偶者も夫の浮気に気づいていても、夫婦関係が冷めきっていて、何も言わないこともあります。また、子どものためだけに、形だけの夫婦関係を続けている家庭もあります。しかし、子どもも両親の違和感に気づいていることもあり、居心地の悪さを感じていることもあります。

このことから、略奪愛は家庭を壊すものではなく、不倫相手の家庭にとっても、本当の幸せを考えるきっかけとなることもあるのです。