Monthly Archives:2月 2016

「別れる?別れない?まずは診断から」

suvolley No Comments

世の中には、パートナーと別れるか別れないかで悩んでいる人はたくさんいます。だから別れさせ屋という仕事も成り立っております。ただ、悩み続けるよりも、自分自身の状況を診断してみることが一番です。

例えば、自分自身が別れるかどうかの当事者だった場合、本当に別れて良い方向に向かうのか、それともまだ関係を続けていくべきかを決めなければなりません。でも頭の中で、その先を想像しているだけでは、答えは見えてきません。言い方は悪いですが、所詮想像でしかないので、その日の気分で良い想像をしたり、悪い想像したりと、方向性が定まることはないでしょう。

そこで大事なのが、第三者の意見を聞いてみることです。それこそが「診断」なのです。そして、別れさせ屋の出番です。やみくもに別れさせることを目的で行っているだけの業種ではありません。その人が本当に別れるという結果となって、救われるのか、良い方向に向かうのかを一緒に考えていくことも仕事の内なのです。例えば夫婦の場合、離婚すると困るのが親権です。どちらが子供を引き取るのか、最大の争点となるところです。

もし仕事をされていない人の立場であれば、子供は引き取りたいが経済的に不安であるといった心配もあるでしょう。仕事をしている場合、育児や世話をする時間がない、という懸念点があります。それらを総合的に考えて、本当に離婚することが正しいのか、考えなければなりません。別れることは、気持ちの部分が大きいのは事実ですが、気持ちだけで決めることはできないのです。そういった側面からも、やはり誰かに相談するということは非常に重要です。

もちろん、専門の業者に相談するだけが手段ではありません。両親や知人、友人と相談することでも、自分一人で考え込むよりはずっと有意義です。自分のことは自分が一番よくわかっていると言う人もいます。確かにそれはそうかもしれません。でも、周りの人が見るあなたというのも、またあなた自身なのです。

客観的に誰かに見てもらうことは、自分を良く知る事でもあります。別れる、別れないという判断をするには、まず自分自身の状況を誰かに診断してもらう事から始めましょう。

「まずはいろんな業者を見てみよう」

suvolley No Comments

別れさせ屋を利用しようと思っても、その第一人者と言えるような企業はなかなか見つけることができません。だからいろいろな業者を自分で調べて、自分の目で見てみる必要があります。なにせ秘密裏に行われる仕事なので、あまり表だって「我々は別れさせ屋です。

どうぞご利用ください」なんて、派手な宣伝はできません。つまり、情報集めが大切になってくるのです。利用するにあたって心配事はなんでしょうか。それは、料金とその手段だと思います。料金に関しては、相場がいくらぐらいなのか、なかなか見えてこない世界です。

前もって多額の料金を払ったのに、結局失敗してお金は返ってこないのではないか、そんな不安もよぎります。また、強引な手段を使われて、結果的に別れたはいいけど、余計に面倒なことになってしまった、というのも困ります。そこでお薦めの業者の探し方を紹介します。それは、相談だけであれば無料のところ、そして完全成功報酬制を導入しているところです。

相談だけであれば無料のところは、たいてい見積もりも無料で行ってくれます。見積もりを出すということは、それだけ手段が明確に決まっているということです。別れるまでに使われる方法、日数、そして費用、これだけ分かっていれば、安心して任せることができるでしょう。

また完全成功報酬制は、別れが成立した時だけにお金を払うシステムです。もし失敗したらお金は払わなくてよいのですから、リスクが少なく、非常に魅力的です。しかし、業者も工作にさまざまな費用が発生しますので、完全なる成功報酬制というのはなかなか難しいようです。

「あなたのケースには適用できない」と言われたり、ただ営業トークとして言ってるだけで、実際は違うという、といったことも多いようです。最近では、前金としていくらか支払っていただき、成功しなければ全額返金するシステムが一般的となっております。

あまり表だって活動できる仕事でない以上、情報は錯綜しがちであり、どれが信頼できるのかは判断が難しいものです。だから、多くの業者を見て、料金の相場はいくらぐらいなのか、どんな手段を用いるのが多いのか、前情報として知っておくとより安心です。

「別れさせ屋って、そもそも認められるのか」

suvolley No Comments

よくいろいろな方から、「そもそも別れさせ屋って、合法なのか」といった質問をいただくことがあります。その答えは、けっして違法ではありません、となります。本来であれば、夫婦やカップルが、くっ付いたり別れたりというのは自然の成り行きで行われるべきことです。

だから、そこに第三者が意図的に入って操作することに嫌悪感を抱く人もいるでしょう。でもこれは多くの人に求められている仕事なのです。別れさせ屋自体は、いまだに賛否両論ある事業であることは否めません。なぜなら、別れが成立するということは、それだけ不幸になってしまう人もいるからです。

不幸な結果になることが分かっていながら、なぜそんなことをしなければならないのか。それは望んでいる人がいるからです。「別れ」は必ずどちらか片方が望んでいるから起こりえることです。どちらも望んでいなければ、別れることは決してありません。どんな形であれ続いていきます。つまり、別れさせることによって救われる人がいるということです。夫婦やカップルは愛おしいものです。

愛を育み、お互いを愛しく想い、やがて結婚したり子供が生まれ、家族ができていきます。しかしその過程で、綻びが生じて、やがてお互いを傷つけ合うのです。その中でDVや、モラルの欠如によって、一緒にいることが苦痛になり、その苦しみから解放されたいという人が出てきます。

でも片方が別れたいと言っても、すぐに成立するものでもありません。相手が諦めてくれない、許してくれないのであれば当然ダラダラと関係は続きます。人によっては、それすら言いだせないことだってあります。

だから、別れさせ屋が必要とされるのです。自分一人の力ではどうにもならないことも、誰かが手を差し伸べてくれて助けてくれる、そんな手段があるというだけで、随分と違うのです。決して違法な業務でもなければ、人を不幸にする仕事でもありません。

別れたいと願って苦しんでいる人を何とかサポートしてあげ、良い方向へ進ませてあげる、これが本来の目的なのです。綺麗事のように見えますが、多くの人に求められている立派な仕事です。

「別れさせる方法は人の数ほど存在する」

suvolley No Comments

別れさせ屋は、夫婦、あるいはカップルを別れさせるのが仕事です。そしてその方法は、人の数ほど無限に存在するのです。みなさんは、ある一定のマニュアルがあって、それに則って別れさせるという手段を取っていると思われているのではないでしょうか。

しかし、現実にはそういった魔法のようなマニュアルはありません。ほとんどが、相談されてから、初めてどんな手段を取るのか考えるのです。例えば、別れる原因の一つとして「浮気」があります。もし、相手と別れたい人がいた場合、パートナーが浮気をすれば、離婚する大義名分ができるので、別れを切り出すことは容易でしょう。

ではどうやったら浮気をしてくれるのか、これは人それぞれなので、その人にあった方法を考えなければなりません。そう、浮気という手段一つをとっても、そのやり口は無数に存在するのです。ただ、基本的に同じとなる部分はあります。それが「工作員」です。

必ず誰か工作員をターゲットに近づけて、別れさせ屋の任務が始まります。まずは、別れさせたいと思っている人、つまり依頼人から、その対象の人の特徴をヒアリングします。特に重要なのは性格です。嫉妬深い、浮気を許さない、嘘をつくのを許さない、などさまざまな特徴を把握します。

次に大切なのは、その人が抱えている秘密を暴くことです。誰にでも秘密はあるものであり、それを知られるということは弱みを握られる事でもあります。過去に借金がある、ギャンブルにはまっている、風俗に通っている、ホストクラブに通っている、などです。その人の性格そして秘密を理解したうえで工作員に近づかせ、別れさせる道へ進んでいくのです。

あとはターゲットと仲良くなってから、本音を聞き出したり別の異性を紹介したりし、別れるように勧めたりします。相手の懐に入ったところで、最終的に別れさせる、そんなやり方です。別れさせるための手段は、その人その人に合ったものを使わなければならないため、一概にこれですと言えません。

「別れる」というのは心の問題なので、いかにその人の気持ちを変化させていくかが重要になってくるのです。だからこそ、人の性格と秘密を知ることが、重要な任務なのです。