Monthly Archives:11月 2016

別れさせ屋に依頼したいけど……大体どれくらいの料金を用意したらいいの?

suvolley No Comments

世の中には、特定のカップルの離別を強く望んでいる人がいます。不倫相手を離婚させたかったり、ずっと前に分かれた恋人ともう一度結ばれるために、今現在付き合っている人と別れて欲しかったり、仕事をしない男と結婚してしまった娘をどうにか離婚させたいと考えている親だったり……そんな人達のために存在しているのが「別れさせ屋」です。ターゲットの異性や同性の工作員を接触させ、様々な方法を用いて人間関係を操作し、別れさせることを仕事としている人たちのことを指します。でも、一つのカップルを別れさせる……場合のよっては離婚させるようなことは一朝一夕でできることではありません。計画が長期にわたることも当然あります。では「別れさせ屋」を雇おうと思ったらいったいいくらほどの金額を用意したらいいのでしょうか。

料金は計画の内容や難易度により千差万別です誰かを離別させるための計画を進めるためには、複数人の工作員が動く必要があります。それも難易度によってな長期になったり短期で済んだり……ターゲットの行動を監視するためにも、長期間にわたる尾行や監視が必要な場合もあります。一日24時間張り込んでいる必要があるときもあるかもしれません。以上のようなことからわかるように、別れさせ屋を雇うには、一般人の金銭感覚では決して安くない金額を支払う準備と覚悟が必要になるのです。例えば探偵に誰か特定の人間を一日尾行するように依頼した場合、大体平均的に一日10万円ほどかかります。尾行にかかる人件費、車や集音器、マイクなどの機材など、特定の人間の行動を監視するにはかなりの準備が必要になるのです。別れさせ屋の場合はただ後を尾行すればいいだけではなく、ターゲットに接触し、人間関係を構築、場合によってはそれ以上の関係を作っていかなくてはならないのです。その時間にかかるお金、リスクにかかる費用などを考慮すると、大体100万円から300万円ほどの出費は覚悟しておかなくてはなりません。

お金をしっかり準備しておかないと、途中で計画終了……なんてことももちろんそれで済めばいいですが、計画が長引いた場合それ以上のお金がかかることになるのです。計画が失敗したからといって支払わなくてもいい、ということはありませんし、計画の途中でも金策が練れなくなってしまってはそこで終了となってしまいます。依頼をする前には、しっかりと話し合い、準備をしておくようにしましょう。

不倫関係にある彼とどうにかして結婚したい。そのためには別れさせ屋へ相談。

suvolley No Comments

別れさせ屋に依頼をする人にはそれぞれ複雑な事情があります。家庭内暴力に悩んでいるけどどうしても離婚を切り出せない人だったり、娘の夫に前科があることが発覚し、どうしても別れさせたい親だったり、様々です。数ある依頼者の中でも少なくないのが、自分の恋人に家庭がある、という悩みを持っている人です。不倫関係に悩んでいる人は多い自分が恋人として付き合っている人に夫や妻がいることに悩んでいる人は多いです。「近いうちに必ず離婚する」という言葉を信じてずっと待っているものの、時間だけが過ぎていきいつまでも関係が変わらない。そんな人が多く駆け込むのが「別れさせ屋」です。また、駆け込んでくるきっかけとなるのは、自分や相手の妻の妊娠だったりします。どうにか相手に離婚してもらい、自分と結婚してもらうために駆け込む人が多いようです。別れさせ屋に駆け込む様々な理由離婚に絡む相談内容は様々です。

・長い間不倫関係にあり、相手は奥さんとは必ず別れると言ってくれているし、その話も進めているとは言っているが、まったく進展が見られない。
・不倫関係にあることが相手の夫や妻にばれてしまっていて、離婚をしようとしているが、相手が意地になって絶対に離婚をしようとしない。
・長い間不倫関係にあるが、これ以上の関係にはどうしても進展できない。別れさせ屋に依頼して、それでもダメならこれを機に不倫関係を解消しようと思う。
・自分の親類や親しい友人が配偶者からのDVに悩んでいて、どうにかしてあげたい。

以上のように、自分自身のことだけでなく、親類や友人のために相談する人もいます。倫理的な観点から判断するのは難しい別れさせ屋に依頼にくる人は様々な悩みを抱えていますが、人の悩みというのはあくまでその人の主観なので、それが正しいのは正しくないのかを判断することは難しいといえます。しかし別れさせ屋では相談に駆け込んできた人の話を聞き、その人の悩みを解消できるようにしっかりと話し合いを重ねて計画を進めていきます。

別れさせ屋についてよくある質問

suvolley No Comments

それって法律違反では?

法律に違反しているものではないのです。この「別れさせ屋」業は探偵社が行っていることが多いですが、法律の専門家に相談しながら合法からはずれないように行っているところも数多くあり、違法な仕事ではないので相談をする際に負い目を感じる必要はありません。実際、DVで悩んでいる人が救いを求めたくても、自分がやろうとしていることが違法なのではないかと負い目を感じる人もいるようですが、法律の範囲内での業務なのです。とはいえ、尾行や身辺調査などはあるので、そのような際に信号無視をした、とか違法駐車をした、といった「違反」は指導されることも当然あるようです。ただし、「別れさせ屋」によっては、ターゲットと恋愛関係に持ち込む際に肉体関係を持つことを方法の一つとしている所もあるので、そこまでいくと公序良俗の反する違法のカテゴリーに入ってしまう可能性があります。結構金額が高いイメージがある別れさせ工作にかかる金額は様々です。環境や性格、背景などによって変わってきます。対

象者の身辺調査から始めなければならない場合にそこにかかる人件費から計算しなければなりませんし、簡単にはいかない状況では、計画が長期的なものになり、かつ人員も大量に導入しなければならない場合もあります。そのような際にはやはり費用は数百万円にのぼってしまうこともざらにあるのです。実際依頼者の用意できる金額を超えてしまい途中で計画を断念してしまうような場合もあるようです。費用を少しでも安くするためには、例えば事前に対象者の情報を調べられるだけ調べるなどをしておけば、調査にかかる時間を少なくすることができるので、その分安くすることができますね。計画がちゃんとすすんでいるのかが気になる依頼をした以上は、状況が問題なく進行しているのかはしっかりと確認したいところです。最初の時期に計画を依頼者と入念に練りこみ、それが遅滞なく進行しているかはしっかりと教えてもらえます。工作員と接触しているところを写真で取り、詳細に教えてくれるところもあります。もちろんその上で計画の変更などもありえるので、随時相談しながら工作をすすめていくことになるのです。どうしても気になることがある場合は、直接別れさせ屋に質問してみると確実です。

「別れさせ屋」という仕事。その方法とは?

suvolley No Comments

別れさせ屋という仕事をご存知でしょうか。その名の通り、婚姻関係にある二人、もしくは付き合っている二人を別れさせる仕事です。人間社会の中にはもつれてしまった糸のように複雑になりどうしようもなくなってしまった関係性がたくさんあります。それらをご破算にして新しい人生を構築していくために、このような仕事のニーズが生まれてくるのです。どのような人が利用するものなのか夫婦や付き合っている二人を別れさせたいと思っている人はたくさんいます。カップルのどちらかと恋愛関係、もしくは不倫関係にあるような人であったり、DVに悩んでいる妻を救うための方法としてそのような方法をとる家族であったり、もしくは本人であったりと、様々です。夫婦の場合は特に、自分からはどうしても離婚を切り出すことができずに悩んでいる人が数多く存在します。そのような人が自然の流れに身を任せているうちに離婚やカップル解消へ進んでいけるようにするのも別れさせ屋の仕事なのです。でもどうやって別れさせることができるのか?とはいえ、カップルを別れさせるというのはそんなに簡単な仕事ではありません。特にそれが長年婚姻関係にある夫婦となると一朝一夕に話は進まないものです。

別れさせ屋の計画はじっくりと慎重に進んでいきます。オーソドックスな方法は「異性の工作員を近づけていく」という方法です。対象者に異性の工作員を近づけていき、そこで恋愛関係に持ち込んで婚姻関係を破たんさせるのです。逆に同性の工作員が近づき、親しい友人関係を構築して、込み入った相談などを引き受けるような親密な仲になり、カップル解消へ導いていくという方法もありますし、工作員がカップルで近づき、カップル同士の交流を経て不倫関係や友人関係を利用して別れる方向へ誘導していく、という方法もあるのです。方法は対象者の性格によって変化するとはいえ、万人に同じ方法が使えるわけではありません。不倫関係を作って別れる方向へ誘導しようとしても、対象者が「自分は浮気されても全然気にしない」なんていう性格の人であれば通用しないのです。別れさせ屋の仕事のはじまりは、対象者の性格や人格、生活歴を精密に研究するところからはじまるのです。