Monthly Archives:12月 2016

別れさせ屋の料金制度

suvolley No Comments

探偵に浮気調査などを依頼するとびっくりするような金額になります。浮気調査をするにはターゲットを丸一日かけて尾行したり、集音器やマイクなどの機械をつかったりするため、人件費や経費がだいぶかさんでしまうからです。これは別れさせ屋にも言えることで、別れさせ屋の場合はそこからさらにターゲットに接触して人間関係を構築したりすることもあるのでさらに「危険手当」のようなものも上乗せされてしまいます。多くの人が別れさせ屋に依頼したいような悩みを抱えていたとしても、その高額な料金のせいでなかなか踏み出すことができないでいます。最近では別れさせ屋でもわかりやすい会計システムを作るようになりました。おためしコースを作っているところもそもそも日常生活の中で別れさせ屋に頻繁に依頼するようなことなんてありませんし、テレビでコマーシャルをしているわけでもありません。ただ、高額、というイメージのある別れさせ屋に依頼をするのには勇気が必要です。そこでおためしコースを用意している別れさせ屋があります。

例えば4日間25万円コースのように、期間を短期間にしぼり、その中だけでミッション成功のためのシナリオ作成や工作を行うのです。そこだけで工作が成功すれば安く済ませることができますし、3日間の様子を見て、報告を聞いて継続するかどうかを判断することもできます。敷居を少し下げてくれるシステムです。パック料金制を設定しているところ状況によりけりで工作期間が延長してしまったり、工作員が増えてしまったりすることが別れさせ屋工作で恐ろしいところです。期間が延びれば延びただけ、工作員が増えれば増えただけ金額がかさんでしまいます。そこで上記のおためしコースのように、期間を一カ月ごとにしぼった支払いシステムを導入しているところもあります。一カ月コースでいくら、三カ月コースでいくら、というように料金が固定されているのです。とはいえもちろん安いものではなく、大体一カ月平均50万円ほどのコースになっています。料金の心配がなくなれば別れさせ屋の敷居はもう少し低くなります。苦しい悩みを解決するための一歩を踏み出しやすくなったのではないでしょうか。

別れさせ屋に相談したい……気持ちを落ち着けリラックスしてから

suvolley No Comments

世の中には恋人や配偶者に浮気をされ苦しんでいる人が多く存在します。そんな人のために存在しているのが別れさせ屋です。自分の愛する人に浮気をされてしまった場合……あなたはそれをすぐさま誰かに相談することができますか?たとえ親兄弟だろうと、親友だろうと、簡単に話せるような内容ではないのではないでしょうか。その事実を知った時から、誰にも言えない悩みがずっと続き、食事ものどを通らずに暗闇の中をはい回っているかのような苦しみの中でもがき続けている人が多くいると思います。しかし、大切なのは自分の悩みを誰かに伝えること、そして伝えることから解決へとつなげていくことです。なかなか誰にも相談できないようなことを、一回だけ勇気を出して誰かに伝えるのならば……あなたは誰に相談しますか?まさかうわさ話大好きのご近所さん……なんてことはないと思います。親に相談しても心配をかけるかもしれないし、そもそもそこから解決につながっていく、なんてことは想像しにくい、そんな時に協力なすけっとになってくれるのが別れさせ屋です。

いきなり訪問して事情を説明するのも……初めていく場所の扉をたたいて、初めて会う人に誰にも言えない悩みを言うのもなかなか難しいことですよね。相談する方法、というのも実はしっかり考える必要があります。想像してください。始めていく場所で、ソファに通され、向かいに座るのはこれまた初めて会う人、でも相手は自分がどんな内容の相談をしてくるのは想像できている……別れさせ屋に来る以上、内容はつまりそういうことだから……そんな相手に対して自分はこれまで積み上げてきた愛の歴史がもろくも崩れ去った話をしなくてはならない……でもちゃんと内容を相手に伝えなければ話はちゃんと前に進まない可能性もある。まずは電話、もしくはメール訪問する前はまず電話かメールで相談内容を事前に伝えておくことをおすすめします。最近は多くの別れさせ屋がそれぞれのホームページをもっており、そこにはメールアドレスものっています。メールであれば落ち着いて内容を記載することもできますし、納得するまで何度でも推敲(すいこう)できますね。自分の置かれている状況、伝えたい感情、目標としたいことをしっかりと伝えるようにしましょう。

別れさせ屋に関する質問でよく挙がるものとは?

suvolley No Comments

別れさせ屋という仕事を聞いたことがあるでしょうか。以前ドラマにもなったので知っている人も多いかと思います。読んで字のごとし、そのままの名前ですが、ターゲットとなったカップルを別れさせることが目的の仕事です。仕事とはいえ、カップルばかりか夫婦ですら離婚へ誘導することがあるこの仕事は、職業的にはグレーゾーンに位置しているような印象です。実際多くの人々が様々な疑問点をあげています。そもそもその仕事は違法ではないのか?答えはノーです。違法ではありません。事務所によっては顧問弁護士を設置しているところや、定期的な警察署への相談指導などを受けながら営業をしているところもあります。注意すべき点は「公序良俗」に違反しないかどうか、というポイントです。別れさせ屋という仕事はその職業柄、工作員はターゲットに接触し関係性を構築します。その際に行き過ぎてしまうと、盗聴したりといった違法行為が出てくることもありますし、工作員がミッション成功のためにターゲットと肉体関係を持ってしまうこともあります。

ここまでいくと法律に抵触してしまいます。あくまで法律の範囲内で計画を成功させていくことが守るべき当然のボーダーラインです。ターゲットにばれないのか?別れさせ屋を名乗っているその筋のプロであるならば、ターゲットにその計画がばれることは絶対に厳禁ですし、ばれないように徹底しています。とはいえ、ばれてしまい、計画が失敗してしまうこともあるのです。よくあるばれるケースとして挙げられるのが、工作員と依頼人のメールのやりとりを依頼人の配偶者や同居人が見てしまう、というパターンと、別れさせ屋との契約書を、これまた同居人に目撃されてしまう、というパターンです。どちらのパターンも依頼人の失態によるものですが、このようなことが起きないようにするためにも別れさせ屋は依頼人に対する説明をしっかりとしなくてはなりません。最近では契約書などは別れさせ屋が預かっておくこともあります。別れさせ屋に依頼することに対してうしろめたさを感じることはありません。人々の需要に対して当然にうまれた供給であり、法にのっとった商品なのです。

なかなか別れることができない彼女と別れるために……別れさせ屋の方法

suvolley No Comments

かつては深い愛情をもって愛し合っていた二人にもいつかは冷める時がくるものです。恋愛関係や同性関係になったからこそ見えてきた恋人の意外な一面だったり、気質だったり……長い間付き合いを続けているとちょっとしたことでも我慢ができなくなって破局を迎える。そんな経験をされた人も多いはずです。しかし、別れを切り出してもなかなかそれに納得してくれない場合もあります。別れを切り出したとたんに一変する恋人別れを切り出すと、その後からストーカーのように一変してしまう人もいます。女性の場合は別れを切り出された瞬間他の女性の存在を疑い、携帯電話の中や手帳の中身まで詳しく調べようとすることがあります。絶対に別れには応じずに、一日の動きを事細かにチェックするようになり、これまでとはまるで別人のように変わってしまうことも不思議なことではないのです。

また、恋人の注意を自分に向けるために、リストカットのような自傷行為に走ってしまう人もいます。強引に別れてしまうと、本当に自殺してしまうのではないか……そのような恐れが多くの男性に別れをあきらめさせてしまっている状況もあるのです。そのままではいけないだからといってそのまま時間が経過するのを待つだけでは光明は見えません。穏便に、安全に別れる方法はあるのです。別れさせ屋は、そのような場合のシナリオもいくつも持っています。女性の心理にたけた工作員たちが巧みに破局へと誘導していってくれます。例えば、上記のように自傷行為に走ったりしながら相手の注意を引き付けようとする女性の場合は他者に対する依存心が強いといえます。このような場合は、他に依存できる相手、よくいえば寄り添えるような相手を用意すれば、依頼者からは気持ちは少しずつ離れていってしまうものです。自分から気持ちが離れてしまった恋人よりも、恋人よりもユーモアがあり、収入もあり、愛情あふれる男性が自分に愛を語ってくれたら自然と気持ちも離れていくものです。もちろんその男性とは別れさせ屋の工作員なので、すべてが終了したら自然な形でフェードアウトしていきます。どのような状況でも方法はあります。悩まずにまずは一歩を踏み出しましょう。