Monthly Archives:4月 2017

そもそも法律的に「アリ」なのか?

suvolley No Comments

別れさせ屋は、別れたくても別れられない関係で悩んでいる人のための業者です。様々な工作をして、別れたい対象となる人の心が、自然と破局へと向くようにと差し向け、普通にやれば泥沼化するような離婚や別居などの決定を比較的スムーズに進めるというのが主な仕事となります。

人間関係で悩み、もろもろの事情からなかなか別れられないという人も多いようで、探偵業の一種として一定のニーズがあります。自分のことだけではなく、他人の別れに関しても依頼が可能なこと。別れる際にもある程度その形式を希望できるということも、依頼者にとってはありがたいようです。

法律の範囲内でできることを そんな別れさせ屋に来る質問を見てみると、よくあるものの一つが「それってありなの?」というもの。話だけを聞いてると、工作員を潜入させたりして人のプライベートに介入しているわけですから、悪意で解釈すると「違法行為じゃないのか?」「プライバシーの侵害では?」と言った疑問が湧くのもわからないではありません。実際に行っていることに目を通してみても、「工作」とか「疑似恋愛」なんて言葉が出てきますからなおさら疑問に思うのでしょう。 結論から言うと、一般的な別れさせ屋では違法行為に該当することは行っています。

もちろん、依頼者の依頼内容や、対象の性格やとるべき工作の内容などによっては、限りなくそれに近い、グレーな行動をとる必要がある場合もあるかもしれませんが、基本的にはそれらは法律の範囲内で行われます。ただし、これは法律では許容されたとしても倫理的にどうなのか?と言った見方をする向きもあるため、こういった工作を行わないことをポリシーとする探偵業者もあるようです。

中には違法業者も… しかし、中にはこういった違法行為を行っている業者もあるようです(ただし、違法業者自体はどういった業界にもありますから、これは決して「別れさせ屋自体が危ない業界」という意味ではありません)。 例えば、対象と工作員との間で肉体関係を気づいて破局へと導くと言った工作は売春行為に該当するために違法となります。しかしながら、これを行ってしまう業者も存在すると言いますから、そういった業者には依頼しないように気を付けましょう。

既成事実からのスムーズな破局へ誘導

suvolley No Comments

別れさせ屋。人間関係が何かと複雑になりがちな現代において、例えば夫婦の離婚をうまく取りまとめる時などにおいて、一定の需要がある業者です。ここでは、そんな別れさせ屋における代表的な方法(つまり具体的にどうやって依頼者を「別れさせる」のか)を紹介したいと思います。工作員と依頼対象の疑似恋愛 別れさせる際の代表的な手法としては、相手が別れたくなるような状況を作ってしまうという手法が挙げられます。

浮気相手に新しい相手(つまり工作員)を派遣することで、依頼者が別れさせてほしい相手(例えば旦那など)と工作員との間で疑似的に浮気関係などを構築、それによって自然と離婚や破局をしたくなるようにと対象を心理誘導していくという手法です。 別れさせ屋に依頼する動機の背景には、何かしらの理由で「別れたいけど別れられない」事情があります。その多くは、依頼者はともかく、その相手の方に、別れても困る、特に相手がいるわけでもないから別れたないと言ったケースです。

この手法を用いれば、相手にも(疑似的に)恋愛対象ができたことになり、比較的スムーズに離婚や破局を迎えることができると言います。むしろ、相手がそれを望むことすらあるかもしれません。もちろん、事が終わった後でその工作員と対象との関係は自然消滅していくとのことです。「自然と別れる」ことで破局をスムーズに この手法で大切なのは、別れを「強要する」のではなくて、「自然と別れる」という点。

工作が上手くいけばいくほど、相手は工作員に好印象を持ってしまっていますから、場合によってはむしろ対象の方から離婚を希望するようになったりもするわけです。離婚したくない相手と離婚しようと思うと、資産の分配と言った調停がどうしても長引き、その内容も泥沼化することもあるものですが、このように、相手の気持ちが依頼者から離れていってしまえばそういった不安もなくなります。

すべてのケースに効果のある施策とは言えず、すでに他の異性と交際疑惑があるために離婚を援助してほしいという依頼者には有効な手とは言えませんが、例えば飲酒やキャバクラ通いなど、パートナーの生活習慣や依頼者に対する態度に不満が大きいという場合には、効果的な施策と言えるでしょう。

別れさせ屋への無料相談時にはどんどん質問しよう!

suvolley No Comments

○別れさせ屋への依頼の流れ別れさせ屋に依頼するときには、何も最初から本契約を前提とした上で連絡する必要はありません。たいていの別れさせ屋では、本契約前に無料相談を受けることができます。別れさせ屋という名前を聞けば、それがどんな仕事かは大体理解することができますよね。

けれどそれはあくまで目的がわかりやすいというだけであって、具体的にどんなことをするのか、どんな契約内容が一般的なのかという具体的な部分はよくわからないという人のほうが多いでしょう。あまり一般的なサービスともいえませんからなかなか想像もしにくいはずです。そんな別れさせ屋ですから、無料での相談はぜひとも活用していくべきです。

複数の別れさせ屋に話を聞くことも当然できるので、別れさせ屋、そして別れさせ工作の実態がよくわからないという人は積極的に利用していくようにしましょう。無料相談をした上で依頼内容について確認し、どういった別れさせ工作を進めていくか、期間はどの程度必要になるか、料金はどれくらいかかるかといった詳細についても説明を受けた上で、やっと本契約するかどうか選べるようになります。

業者によっても違うでしょうが、たいていの場合その日決めてしまうのではなく、一度持ち帰って依頼するかどうかじっくり考えた上で契約をすることが多いようです。一度契約するとなればかなり大きな買い物になりますから、そのくらい慎重に話を進めたほうが賢明といえるでしょう。○無料相談で気になることはどんどん質問しよう!無料相談を受けるときに気をつけておきたいのは、「わからないことはどんどん質問する」ということです。別れさせ屋との契約についても一度の説明ではよくわからない部分は多くあるでしょう。

そういった部分に関する質問をはじめ、自分が持ち込んだ依頼はちゃんと成功するのかどうか、必要になる資金や時間はどのくらいか……など、少しでも気になった部分は質問してそうなる理由についてちゃんと聞いておくようにすることをおすすめします。こうした依頼人の細々とした質問に丁寧に答えてくれる業者は、別れさせ工作についても真摯に取り組んでくれることが多いのです。このように、無料相談時には別れさせ工作のことだけではなく信頼できる会社かどうかもチェックすることができるのです。しっかり意識して有効活用するようにしましょう。

カップルを別れさせるプロ・別れさせ屋の採る方法とは

suvolley No Comments

○別れさせ屋とは
任意のカップルを別れさせてくれる業者のことを「別れさせ屋」といいます。工作員がターゲットとなるカップルへと近づき、ふたりが自然と別れを選ぶようにさりげなく誘導していくことで、不自然さを感じさせることなく破局へと導いていきます。
カップルを意図的に別れさせるなんて一見無理なことのように思えますよね。愛し合っているふたりなら、多少妨害された程度では揺るがないように感じるのが当然です。けれど、私たち素人には無理でも別れさせ屋というその道のプロにとっては不可能なことではありません。うまくふたりの間に誤解やすれ違いを生じさせ本人どうしが「別れたほうがいい」と思うように仕向けるテクニックを持っています。
別れさせ屋へ工作活動を依頼したいと思っても、その別れさせるテクニックが信用できなければ結局依頼に踏み切れずチャンスを逃してしまうことにもなります。そこで、別れさせ屋がどのようにカップルを別れさせるか、その方法の一部をご紹介したいと思います。

○具体的な別れさせ工作の一例
ひとりひとりの抱える人間関係に同じものがひとつもないのと同じで、人間関係に関する別れさせ工作にもひとつとして同じ依頼はありません。依頼人が置かれている状況の詳細を聞き、依頼をした本人も知らないようなことまで調べた上で、一番効果的だと考えられる方法を選ぶことになります。
中でも、別れさせ工作の方法としてよく採用されるのがターゲットに異性の工作員を近づけ、気持ちをそちらへと向けることです。恋人に一途で別れる意思がなさそうなら別れたくなるよう他に好きな人を作ってしまえばいい、というシンプルかつ強力な作戦です。
けれど、中には恋人との二股という形で満足してしまう人もいますよね。そんなときには、工作員とターゲットが一緒にいるところをターゲットの恋人にわざと目撃させるという方法もあります。依頼人が今の恋人やパートナーと別れたい、と依頼してきたときに多く採用される手段です。

浮気をどんなにごまかしていても、実際に現場を目撃されれば相手から別れたいと告げられても拒み続けることは難しくなります。自分に負い目があるとわかっているからです。さらに、既に気持ちが移っている相手がいれば、恋人と別れてもひとりぼっちになる期間はありませんよね。そのことが積極的に別れを選ばせる一助にもなります。
別れさせ屋はごくシンプルな方法を上手に、効果的にこなすことでカップルを自然と別れさせることができるのです。