Monthly Archives:5月 2017

別れさせ屋によくある質問② 費用はどのくらいかかるものなの?

suvolley No Comments

「今は予算がないから、見積もりと方法だけ教えてほしい」 別れさせ屋に質問をする人の中には、こういった質問をする人が結構いるようです。 これに対する業者の回答は、「あまり現実的ではありません」というもの。これがなぜ現実的ではないかと言うと、現在の状況に鑑みて見積もりを立てたとしても、まとまったお金ができる間に状況が変わってしまうことが多いからとのこと。別れさせたい対象との関係が、悪化することもあれば良くなることもあるようで、そればかりは業者の方にも予測ができません。

とはいえ、「見積もりが知りたい」という質問者の気持ちもわからないではありません。見積もりがわからなければ依頼もしづらいですし、「具体的にいくら必要なのか」という見当も立たないうちからお金を用意するというのも難しいものです。 具体的な金額は千差万別 業者の側としても、「具体的にいくら必要になる」と言った基準となる金額を提示することは難しいようです。これは信用上の問題もありますが、「依頼に応じて人間関係を改善する」という、この業者独特の難しさがあるようです。

例えば、これが引っ越しなどであれば、家に置いてある家具の数とか、段ボールでどのくらいになるのかと言った基準によって、見積もりを算定することができるでしょう。ですが上にも書いたように、人間関係は日進月歩。ましてや「別れさせたい」と言う複雑性をはらんだ人間関係の場合、どう転ぶのかはわかりません。それによって費用も激しく上下し、始めは50万円程度の見積もりだったものが、工作が発展していく過程で200万円にもなってしまうと言った場合も少なくないと言います。そのくらい、別れさせるために工作を行うというのはデリケートな問題なのです。

工作員としっかりと話し合ってみるのが重要 だからと言って、依頼を諦めるとか、ものすごい額の大金を用意するまで待つというわけにもいかないでしょう。ですから、まずは実際に依頼をしてみて、具体的な工作の進め方や支払い方法などを、業者の人と実際に話し合いながら決めていくというのが最も現実的なようです。別れたいと言っても「今すぐにでも別れたい」という人もいれば、「今から一年以内には離婚したい」と言った人もいるでしょう。この辺りの支払いは依頼者の希望によっても変わってきますから、じっくりと話し合う必要がある問題のようです。

なかなか別れることができない彼女と別れるために……別れさせ屋の方法

suvolley No Comments

かつては深い愛情をもって愛し合っていた二人にもいつかは冷める時がくるものです。恋愛関係や同性関係になったからこそ見えてきた恋人の意外な一面だったり、気質だったり……長い間付き合いを続けているとちょっとしたことでも我慢ができなくなって破局を迎える。そんな経験をされた人も多いはずです。しかし、別れを切り出してもなかなかそれに納得してくれない場合もあります。別れを切り出したとたんに一変する恋人別れを切り出すと、その後からストーカーのように一変してしまう人もいます。

女性の場合は別れを切り出された瞬間他の女性の存在を疑い、携帯電話の中や手帳の中身まで詳しく調べようとすることがあります。絶対に別れには応じずに、一日の動きを事細かにチェックするようになり、これまでとはまるで別人のように変わってしまうことも不思議なことではないのです。また、恋人の注意を自分に向けるために、リストカットのような自傷行為に走ってしまう人もいます。

強引に別れてしまうと、本当に自殺してしまうのではないか……そのような恐れが多くの男性に別れをあきらめさせてしまっている状況もあるのです。そのままではいけないだからといってそのまま時間が経過するのを待つだけでは光明は見えません。穏便に、安全に別れる方法はあるのです。別れさせ屋は、そのような場合のシナリオもいくつも持っています。

女性の心理にたけた工作員たちが巧みに破局へと誘導していってくれます。例えば、上記のように自傷行為に走ったりしながら相手の注意を引き付けようとする女性の場合は他者に対する依存心が強いといえます。このような場合は、他に依存できる相手、よくいえば寄り添えるような相手を用意すれば、依頼者からは気持ちは少しずつ離れていってしまうものです。

自分から気持ちが離れてしまった恋人よりも、恋人よりもユーモアがあり、収入もあり、愛情あふれる男性が自分に愛を語ってくれたら自然と気持ちも離れていくものです。もちろんその男性とは別れさせ屋の工作員なので、すべてが終了したら自然な形でフェードアウトしていきます。どのような状況でも方法はあります。悩まずにまずは一歩を踏み出しましょう。

別れさせ屋に支払う料金はいくら?成功報酬制の場合

suvolley No Comments

別れさせ屋に依頼をするといくらかかるか?それを業者に尋ねてみても、大抵の業者は「依頼内容によって異なる」と返してきます。聞いてる側からすればそこをはっきりさせてほしいと考えるところで、相手の対応に不満を抱きがちかもしれません。ですが、これは決して無責任な話ではなく、実際のところ、依頼内容、ひいてはそれによって行う工作内容とその期間に応じて、支払う金額が大きく変わってくるのがこの業者の特徴です。

具体的な金額を無理やり提示してみたとしても、せいぜい50万円から200万円とその幅は広く、これ以上かかる場合もあればこれ以下で済むケースもあります。 そのくらい、別れさせ屋への依頼は料金面の計算が難しい業者なのです。基本料金プラス成功報酬 しかし、料金プランとして、ある程度このくらいはかかる、この時期にこのくらい用意する必要があると言ったものは提示されていることも。ここでは、その中の一つである成功報酬制について説明します。

成功報酬制は、文字通り成功、依頼者が依頼した内容が達成された時に支払いが生じる料金プランです。ただし、それだけですと失敗した時のリスクが大きすぎますから、その前に基本料金として全体の何割かの支払いをする必要があります。この、「基本料金」と「成功報酬」で成り立っているのが成功報酬制と言われるものです。どこまでが成功? 最終的に支払う金額のうち、どのくらいが基本料金で、どのくらいが成功報酬なのかは業者によって様々なようです。この辺りの具体的な金額、ウエイトばかりは実際に相談してみるしかないでしょう。

ただ、どの業者でも言えるのが、この制度の場合「どこまでを成功とするか」という非常にデリケートな問題が生じやすいということです。成功と言う言葉のニュアンスが、依頼者と業者との間で微妙にずれてしまうのです。例えば、別れたら成功という線引きをしたとして、では別れたなら離婚調停は終わってなくてもいいのか?別れたけど二人の仲は険悪になってしまった、それでもいいのか?と言った微妙な問題が生じてきます。 どこまでの範囲を成功とするのか。実際の工作を始める前段階で、業者の方と入念に話し合っておく必要があるということです。

まずは電話してみましょう

suvolley No Comments

別れさせ屋という業者は、親密な関係にある特定の個人同士を疎遠にするという、一種独特な業者として知られています。この業者に依頼をする場合、大抵の人はそんな業者はおろか、類似するような相談をしたこともないと言う場合がほとんどでしょう。そんな別れさせ屋ですから、初めて電話をする時には、「どうしたらいいの?」という疑問点、心配な点が山ほどあるはずです。

あまり知識のないままに相談をしてみたとしても、悪徳な業者のわなにはまってしまうかもしれません。 相談をすると言って、具体的にどのような事柄について話し合うものなのでしょうか?まずは対象の情報と信頼関係の構築を 別れさせ屋との最初の相談の段階では、主に以下のような点について話し合います。

・依頼者の動機(相談に訪れるまでの経緯)。
・別れさせたい相手の情報(年齢や職業、既婚かどうか、性格などのプロフィール)。
・対象の生活傾向(移動手段や行動パターンなど)

工作にかかる費用を算出するために、どの業者でも最低限このくらいの情報については聞くようです。最初の段階では、こういった今後の方針を立てるために必要な話を聞いていくことと、依頼者との間にきちんとした信頼関係を気づいていくことを目的とします。 よく、相談する前から料金や工作の成功率について聞いてくる方がいると言いますが、これらは相談してから決まることも多いものですから、まずは相談してみる方がいいようです。

中には悪質な業者もいるので注意 業者の中には、この相談の段階からむちゃな契約を押し付けてきたり、格安な見積もりを提案してきたりといったことを行うところもあるようです。これらは、依頼者の期待に応えてくれる場合もあるのでだまされやすいかもしれませんが、しっかりと仕事をしている業者ほど、契約や見積もりなどに関しては慎重になりやすいものです。

これは、工作の成功率やそれにかかる費用が激しく変動しやすいというこの業者の性質上当然のことであり、ろくに話もきかないうちから見積もりや契約などを迫ってくるような業者は信頼しない方が良いでしょう。