Monthly Archives:2月 2018

別れさせ屋の依頼にかかる料金はどれくらい?

suvolley No Comments

別れさせ屋に工作を依頼するのにはいったいどれくらいの料金がかかるのでしょうか。未知の分野であるだけに、物の値段や家賃みたいに予想することは難しいですよね。別れさせ屋のHPをみても参考価格のようなものばかりで明確に値段を提示しているところはほとんどありません。それにはきちんと理由があります。

■別れさせ屋に一律価格はあり得ない

もし別れさせ屋を探していて、一律○○円でやります!などと提示しているところがあればまず疑ってかかってください。
依頼主によって依頼の内容が違うのは当然ですし、工作の方法は対象者の性格や状況などによって変化してきます。また依頼した時点での情報量の差によって、調べなければならないことの量が変われば、対象者の職業や生活パターンなどで調べやすさや接触のしやすさだって変わってきます。
別れさせ屋の料金には、調査料だけでなく人件費、工作を行うにあたっての交通費などの実費も含まれており、調査や接触といった実働回数が増えればふえるほどかかるお金も増えてきます。
中には、一切追加料金はとらない、と言っている会社もありますが、工作に当たって想定外のトラブルが発生することは多々あるので、不自然だと考えていいでしょう。
人の心という未知数のものを動かす仕事であるということを念頭において、安さにとらわれないことが大事です。

■成功したときには別途、報酬が必要な場合も

別れさせ屋は工作を行うにあたっての費用、いわゆる着手金以外に、成功報酬をとる場合がほとんどです。成功報酬とは文字通り成功した際に支払うお金、いわばお礼です。工作の難易度が高ければ高くなるほど、支払うお礼の額も高くなってきます。
最近では「完全成功報酬制」をうたい文句にしている別れさせ屋もあります。これは依頼が成功したら料金を支払う、というものです。失敗したら払わなくていいのでお得、と一見思いがちですが大きなデメリットが存在します。実力のない会社であったり、契約期間を長く儲け自然破局を狙い実際は工作をしていないのに料金を取る、などの悪徳業者である場合もあります。

やはり安い方に目がくらんでしまうのが人間の心理ではありますが、別れさせ屋に関しては料金基準で選ぶことはやめた方がいいでしょう。ほとんどの会社が無料相談を受け付けているので、相談をしてみて料金の比較をしてみましょう。その際には、きちんとリスクや料金の内訳を教えてくれるかも判断基準にすることをオススメします。

別れさせ屋に相談する前にはきちんと準備を

suvolley No Comments

最近ではインターネットで「別れさせ屋」と検索をすると、多くの業者がヒットし、そのほとんどがメールや電話などでの無料相談を受け付けているため、気軽に相談できる環境が整っています。しかしだからといって何の準備もなしにただ相談することはオススメできません。相談するにあたってきちんと準備をする必要があります。

■依頼の理由の妥当性を考える

夫と愛人を別れさせたい、元恋人が現在付き合っている相手を別れさせてほしい、などというケースであればまず依頼を断られるということはありません。しかしまれに状況次第では祝いを断られてしまうこともあります。それは依頼の理由が公序良俗に反するものや犯罪に繋がる恐れのある場合です。
例えば今でこそ少なくなってはきましたが、いまだに外国人との結婚や、部落・民族への偏見による結婚の反対などをする人はいまだにいます。息子が連れてきた相手が〇〇人だから別れさせてほしい、こういった類の依頼は社会的な妥当性もなく、公序良俗に反するものなので断られる可能性は高いです。また怨恨を理由とした依頼も同じ理由から断られるケースがほとんどです。
さらによくある不倫相手の奥さんと別れさせたいという愛人側からの依頼の場合も断られるケースはあります。夫婦関係に問題はなく、愛人が一方的に別れを望んでいる場合などです。これも社会的妥当性に欠け、倫理的に判断しても別れさせることが適切ではないと考えられるからです。

■別れさせたい気持ちを整理しておく

別れさせ屋が依頼主に適切なアドバイスや工作を提案をするためには、なによりも現状や対象者の性格などの情報がどれだけ得られるかが重要になってきます。
怒りや焦りに任せると、判断力も鈍ってくるため、誤った判断をしてしまうこともあります。またそこに漬け込む悪徳業者も存在します。またそのような状況では、必要な情報をきちんと伝えることができない場合があります。情報が欠けていたり、誤っていると、適切な工作が提案できず、失敗に繋がる可能性が高くなってしまいます。
なによりもきちんと自分の気持ちを整理し、落ち着かせることが大事なのです。

精神状態が不安定になっているところに、別れさせ屋に依頼をするという緊張がかさなると、落ち着いて状況を説明する、判断するというのは難しくなってきます。依頼する前に伝えるべき情報を書き出して整理しておくことをオススメします。また別れさせ屋との話をメモにとって形に残しておくことも大切です。

別れさせ屋に依頼前に質問をすることは大切です

suvolley No Comments

別れさせ屋に依頼をするというのは、ほとんどの人にとって初めての経験となるはずです。勝手のわからない物事に不安はつきもの。特殊な業種である別れさせ屋であれば、その不安はひとしおでしょう。その不安を解消させるためには、依頼をする前にわからないことはきちんと質問しておくことが大切です。

■別れさせ屋によくくる質問

別れさせ屋に寄せられる質問で多いのは「別れさせ屋は違法ではないのか」というものです。しかしこれは非常に曖昧な質問です。一般的な訪問販売業務でも、家宅侵入や偽証行為をすればもちろん違法になります。このように工作の過程で違法性が発生してくるケースもあり、依頼主もその行為が違法性があることを認識している場合には罪に問われます。しかしきちんとした業者であれば法の知識に基づき、違法にならない工作を行っています。
また「きちんと成功するのか」という質問も意外と多く寄せられますが、これもまた曖昧な質問です。やはり別れさせ屋というのは、対人間におこなう工作であるため、対象者それぞれに性格も異なり、以前成功した工作を別の人間に行ったからといって必ずしも成功するとは限りません。過去の事例を答えてはくれることはありますが、明確な数字を示してくれる和ではないので、依頼しようとしている案件に対しての分析度や提案される工作の内容によって判断することをオススメします。

■依頼の前にしておくべき質問

別れさせ屋に依頼するにあたって絶対にしておくべき質問は「探偵業届を出しているか」です。中には届け出を出さずに営業し、きちんと工作を行ってくれなかったり、ぼったくりをするような悪徳業者も存在します。また違法行為も行ってしまうような業者もあるので、自分の身を守るためにもきちんと確認しておきましょう。
また工作におけるリスクを確認しておくことも大事です。先にも書いたように工作は対人間に行う行為であるため、100%成功するとは限りません。失敗のリスクや工作が相手にバレてしまう可能性など、発生するであろうリスクはきちんと確認しておく必要があります。

別れさせ屋に対する質問の一例をあげましたが、これだけで不安が解消されるわけでもありませんし、信頼できる業者かを判断できるわけではありません。どんな小さなことであっても疑問があれば質問をすることをオススメします。それに対しても真摯に対応してくれる、というのも信頼できるかどうかの判断材料のもなるのです。

別れさせ屋はどうやって別れさせる方法を決めるのか

suvolley No Comments

別れさせ屋は実際にどんな方法で別れさせるのか気になるところだと思います。業者のHP等を見てもさまざまな事例があって、自分がどれに当てはまるのか、成功率がどれくらいか悩んでしまいますよね。人それぞれに性格が違うように、それに合わせて工作も変わってくるものなので当然です。ではそんな工作を別れさせ屋はどのようにして決めているのでしょうか。

■誤解されがちなイメージ

まず別れさせ屋がとる工作として真っ先に思い浮かぶのは、対象者に異性の工作員を接触させ恋愛関係にもっていく、いわゆるハニートラップではないでしょうか。実際にハニートラップを売りにしている探偵社もあるようです。また対象者と工作員が肉体関係を結ぶことで別れさせる原因をつくる、というものも多くの人がイメージしがちな工作のひとつでしょう。しかしこのハニートラップには大きなリスクが伴うため、きちんとした別れさせ屋が避けている方法のひとつです。
例えば対象者と工作員に肉体関係を結ばせた場合、管理売春の罪に問われてしまったり公序良俗に反することもあります。また結婚詐欺をはじめとした詐欺罪や脅迫罪に発展する場合もあります。さらに別れた後に、疑われてしまう可能性も高いです。対象者を別れさせた後に依頼人がその相手と付き合いたい、という場合に今度は工作員への恋愛感情が邪魔になってくるので得策とは言えません。
これらのリスクを回避し、さらに対象者に気付かれにくくするためにも同性の工作員を近づけるという方法をとる別れさせ屋は多く存在します。

■実際に行う工作方法を決める流れ

では、実際に別れさせ屋はどうやって別れさせる方法を決めているのでしょうか。
まず多くの業者は契約が成立すると、対象者の情報収集、調査を進めます。そしてその人物の性格や別れさせたい相手との関係性はもちろん、行動パターンや趣味、タイプなどさまざまな情報をもとに有効な工作の方法を依頼主に提案します。そこで依頼主の承諾が得られれば工作がスタートします。異性と同性どちらの工作員を近づけるべきかも、こうして決められていきます。

別れさせる方法を、依頼主自身が考え提案し、それをもとに工作が行われる場合もありますが、色々な事例を見てきたいわゆるプロにお任せするのが一番でしょう。そのうえで、きちんと工作に当たってのリスクなどは確認するようにしましょう。