Monthly Archives:11月 2019

別れさせ工作とは

suvolley No Comments

近年、ストーカーによる事件がときに紙面を賑わすことがあります。
元恋人同士だったり、元夫婦だったり、あるいは全く面識のなり人間からの片思いの末の結果だったり。
もちろん、ストーカー問題だけではなく、人と人の付き合い方、またその別れ方というのは難しいものですね。

まるでスパイ!

別れさせるプロである『別れさせ屋』では、どのようにして上手く分かれさせてくれるのか、非常に興味のあるところではありますね。
『別れさせ屋』の仕事には『工作員』という人物による目的達成のための工作業務があるという話を聞いたことは無いでしょうか。
実際に『別れさせ屋 工作員 募集』で検索をしますと、求人記事がいくつも出てきました。
その工作業務内容を見てみると、『尾行』『張り込み』『聞き出し』『撮影』などのドラマに出てくる刑事や探偵のような仕事のほか『演技力』『人心掌握』『心理カウンセリング』『法律』『生活環境把握能力』という、まるでスパイのような能力の訓練を必要とする仕事のようです。

「国家権力のようなことを会社が行うのは違法じゃないの!?」「そんな工作員を公に募集しているの!?」と驚く方も多いのではないでしょうか。
『別れさせ屋』は東京都公安委員会(警察の一組織)から許可番号を取得、つまり国に認められている団体なのです。

別れさせ工作の仕事

主な相談は下記の内容のようです。

・夫(あるいは妻)、恋人を浮気相手と別れさせたい
・離婚したい
・付き合い相手と別れたい
・息子(あるいは娘)を交際相手と別れさせたい
・ストーカー被害にあっている

どの内容であっても、情報収集という部分が一番重要のようです。
ターゲットの好みや癖、日常生活のパターンなどを徹底的に調査する。正確に把握した上で実際に近づき、直接接触することもあるようです。
ただし、巷で噂されているようなハニートラップを用いるようなことは違法とされていますので、国の認可が下りている『別れさせ屋』がそれを行うことはありません。
ターゲットあるいはターゲットの相手に近づくのは同性の工作員であることも多いようです。
そして、『演技力』『人心掌握』『心理カウンセリング』を習得している工作員は、ターゲットの心を開かせることで相手の心を導き、任務を達成するようです。

別れさせ屋とは

suvolley No Comments

縁切寺と言われるお寺があるのをご存知でしょうか。
悪縁を断ち切って、新たなスタートを切るために訪れる、古くから存在するお寺です。
お寺と言っても仏様が別れさせてくれるというわけではなく、当時は政府が調停役を務めており、寺は縁切りを願うものの受入れ先として存在していたようです。
何時の時代も一つの縁を切るということは大変難しいものということですね。

現代においての『縁切寺』

『別れさせ屋』というビジネスがあります。
一昔前にドラマで取り上げられたことでネットや紙面の世界でも時折取り上げられることが増え、その存在を知った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
縁を切りたいと願う方から依頼を受け、双方がじっくりと話し合える席を設けたり、あるいは様々な方法で依頼者を諦めてもらえるように事を運ぶビジネスです。
とはいえ、普段の生活の中では縁の薄いものでもありますので、『都市伝説』のように感じていらっしゃる方もいるかもしれません。

複雑化する『縁切り』問題

『誰かと』『何かと』縁を切りたい、または『切らせたい』理由というのは様々ではありますが、その昔は夫婦間の問題、家の問題、不倫などが主な理由だったようです。現代の日本では、それに加え、ストーカー被害や宗教問題、ブラック企業からの退職問題など、時により大変深刻な事件に発展してしまうような事案もあるようです。
個人レベルでは解決のできない問題を相談できる先があるということは、深刻に悩んでいる人々からしたら、大変心強いものではないです。
実際にネットで『別れさせ屋』で検索を掛けてみると、いくつもの企業が広告を載せています。
それだけ、現代社会では必要とされる存在となりつつあるという事ではないでしょうか。

内容が深刻であればあるほど、第三者に介入してもらうことでお互いに冷静になることができ、物事が解決に向かう結果になる可能性も高くなります。
依頼主が望む結果を得られるだけのスキルや人材が揃っているかどうか、それが依頼する会社を選ぶ基準に最適かもしれません。
物事の解決まで二人三脚で行くわけですから、最終的には依頼者が信用できるかどうかが一番ではないでしょうか。