まずは別れたい動機をはっきりさせること

まずは別れたい動機をはっきりさせること

suvolley No Comment
diagnosis
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - まずは別れたい動機をはっきりさせること
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
まずは別れたい動機をはっきりさせることGet Suvolley

別れさせ屋と言われる業者では、浮気や不倫などによって、「別れたい」と思った関係に区切りをつけてくれます。ことが上手に運べば、依頼者とパートナーとの間はすっぱり縁が切れ、自由になれます。別れさせ屋に依頼をすると、まずは相談から始まり、その時点でいろいろと話を聞いてくれます。

別れさせるためにする工作を考えるのも重要ですが、それ以外にも重要な点として、「なぜ別れたいと思っているか」というものがあります。要は動機です。そこをきちんと診断していかないと、相手の何が問題なのかということがわかりませんから、工作の方針も立てずらくなる。

工作の段階で、別れさせ屋の工作員は依頼者のパートナーに接触し、親密な関係を築くように働きかけます。ですから、診断がしっかりしていないと、依頼者の動機もわかりませんし、有効な工作もできないわけです。別れたい理由にも個々人でいろいろあるわけですが、根底にあるのは依頼者のパートナーに対する「異性としての魅力を感じなくなった」という感情です。

浮気をされたとか、暴力を振るわれたとか、子育てに消極的だとか、いろいろあるわけですが、それによって相手を結婚相手として、あるいは恋愛対象として見られなくなってしまった、という話しになります。極端な言い方をすれば「冷めてしまった」という話になります。

当たり前のことではありますが、やはり結婚相手には異性としての魅力が求められるわけです。これが仕事上のパートナーなどであれば、「稼いでくれる」「家事をきちんとしてくれる」と言った実務的なことが互いにできていればいいのでしょう。ですが、結婚相手となればそうはいきません。

生きるには刺激が必要ですし、パートナーには愛情を求めるもの。それが一方的に損なわれたとなれば、結婚生活を続ける理由がなくなってしまいます。ある程度年配の夫婦の中には、そういった感情を抑えながら結婚生活を続ける人もいたりします。ですが、基本的には夫婦関係は冷めたらおしまいです。

新しいパートナーに自分の人生をゆだねたいという気持ちや意欲がもしあるのであれば、別れさせ屋への依頼が大きな転機になってくれるかもしれません。