別れさせ屋の事前診断

別れさせ屋の事前診断

suvolley No Comment
diagnosis
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋の事前診断
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋の事前診断Get Suvolley

皆さんは、「別れさせ屋」と呼ばれる職業についてご存じでしょうか?この業種は、近年登場したものなので、あまり知名度は高くありません。そのため、職務内容等についてもまだまだ知られていない点が多々あると思います。一般的に、ネガティブなイメージをもたれがちな「別れさせ屋」について詳しく見ていくことにしましょう。

この職種においては、「事前診断」というものがあります。イメージが持てない方は、「見積もり」だと捉えておけば良いと思います。基本的に、何かのサービスを利用する場合、見積もりを依頼することが多いと思います。つまり、「そもそも、このサービスが有効なのか」「おおよその費用はどのくらいかかるのか」「事前にやっておいた方が良いことはあるのか」などを把握するためのものです。なぜ、このようなことが必要になってくるのでしょうか。

一言で言ってしまえば、「サービスが大変高額だから」ということに尽きます。要するに、顧客の方々に無駄なお金を使ってほしくないのです。そのためには、必要性、有効性、効率性などを事前に教えておき、双方が納得した上で初めて契約をするという形が有効なのです。また、業者側も顧客の事情を逐一把握しているわけではありません。

むしろ、情報量としては、足りないことが多いくらいです。そのような中で業務に着手してしまっては、双方ともに大きな損失を被ってしまいます。ですから、事前にお互いの情報を交換し合い、どういう点で折り合いをつけるかという作業が必要なのです。この工程をきちんと踏んでいる業者は、業界の中でも比較的優良な業者だといえます。

逆に、こうした工程を踏んでいないところがあれば、あまり信用できないと考えて差し支えないでしょう。ですから、このサービスを利用しようと思っている方は、必ずこの工程を踏むようにしてください。むしろ、この工程を省いているような業者には依頼しない方が良いと思います。

では、具体的には何を行うのでしょうか。簡単にまとめると、以下の3点に集約されると思います。それは「情報の整理」「理想の展開についての説明」「手法の考案」です。それぞれ、何を行うのかについて詳しく見ていきましょう。まず、「情報の整理」についてですが、これは概ね上述した通りです。

これこそが、見積もりにおける核なので、当然、省くことはできません。次に、「理想の展開についての説明」です。これは、実際に業者のサービスを利用した場合、どのような展開に持ち込むのが有効なのかについての説明です。示談という形にするのか、あるいは裁判まで持ち込むのかといった内容などは特に重要だと言えるでしょう。

なぜなら、それによって、時間的・金銭的負担は大きく変わってくるからです。最後に、「手法の考案」についてです。どのようにして証拠を集めるのかなど、細部についての大まかな打ち合わせだと思ってください。例えば、浮気調査の場合、実際に尾行までするのか、あるいは状況証拠をコツコツと積み上げていくのか。

もちろん、これらの手法を混ぜるということも当然、選択肢の一つです。そうしたことも視野に入れつつ、話し合いを行うことになります。