「別れさせ屋で必要になる料金について」

「別れさせ屋で必要になる料金について」

suvolley No Comment
getsuvolley
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「別れさせ屋で必要になる料金について」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「別れさせ屋で必要になる料金について」Get Suvolley

別れさせ屋を依頼する際に、最も気になるのが「費用はどれだけ必要なのだろう?」ということではないでしょうか?それでは、別れさせ屋で必要になる料金について説明します。

●病気に例えると…

別れさせ屋に依頼する際に、「〇〇万円で解決できる」とわかっていれば、依頼もしやすいのですが、別れさせ工作とは、そう簡単に進められるものではありません。そのため、単純明快な料金設定で決めることもできないのです。

別れさせ工作の料金に関しては、病気を治す医療に例えるとわかりやすいと思います。例えば、「この病気の場合、一律〇〇万円で治療できます」と最初に提示されることは絶対にありませんよね?患者さんを問診、診察を行って、病気を絞り込む前の段階では、治療方針やそれに必要な費用はわかるはずがないのです。また、病気を特定するために、血液検査やレントゲン検査が必要な場合もあるでしょう。そして、薬を処方したり手術を行ったり、その病気に最適な治療法で進めていきます。

別れさせ工作も、この流れと同じで、最初に、依頼者から十分にヒアリングを行う必要があります。対象者に関する情報やその正確さを見極めて、対象者と接触するには何曜日の何時がベストかも考えないといけません。また、対象者の情報がほとんどなければ、素行調査を行う必要もあります。

このように、病院の問診のように、別れさせ屋ではヒアリングを行い、血液などの検査のように調査を行い、薬や手術などの治療のように工作を進めるのです。つまり、依頼者からヒアリングを行う前から料金が決まっているのはおかしい、と言えるのです。

●一律料金にはできない

ここで説明したように、別れさせ屋では、情報量や手法などによって料金に大きく差が出るので、一律の料金設定にすることはできないのです。また、別れさせ工作の内容やどこまで続けるかによっても料金が変わってきます。

病気を治療する際も、病気を治すために、安心して任せられる病院で診てもらいたいですよね?別れさせ工作を依頼する方も、辛い気持ちから抜け出したいと願って訪れていると思うので、それを叶えてくれる別れさせ屋を選ぶことが大切です。

そのため、安さをうたっている業者や一律料金にしている業者は避けた方が良いです。また、依頼する側も、料金だけを重視するのではなく、親身になって相談に乗って、最適な手法を検討し、慎重に工作を進める業者に依頼しましょう。