『別れさせ屋はどうやって別れを作り出すの?プロの”別れさせ工作”とは』

『別れさせ屋はどうやって別れを作り出すの?プロの”別れさせ工作”とは』

suvolley No Comment
getsuvolley
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『別れさせ屋はどうやって別れを作り出すの?プロの”別れさせ工作”とは』
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
『別れさせ屋はどうやって別れを作り出すの?プロの”別れさせ工作”とは』Get Suvolley

人と人を別れさせるのって、なかなか難しいような気がしますよね。実際のところ、別れさせ屋はどうやって相手に分からないようにトラップを仕掛け、別れを作り出しているのでしょうか?別れさせ工作について詳しく見ていきましょう。

■別れさせ屋の工作はどうやっているの?
別れさせ屋のトラップは、どのようにして仕掛けているのでしょうか。
まずは別れさせ工作を仕掛けるまでには、別れさせ屋に別れを仕掛ける相手の情報をすべて提供します。
別れさせ屋はその情報を基に、どのようにに動くかを決めていきます。
専門の調査員が別れさせたい相手同士をどのように不仲にしていくのか、トラップの仕掛け方やどのように接触して関係を構築するのかを決め、不仲になるための要因を人為的に作り出すのです。
そして人為的に作られた不仲の要因を効果的に使って、「別れ」を生み出しているのです。

■別れさせ屋に提供する情報はどんな情報?
別れさせ屋を利用する場合は、どのような情報を提供すればよいのでしょうか?
情報によっては、別れさせ屋の調査員が接触しやすくなりますし、実際にどのような人物がターゲットなのかを把握することで別れさせ工作を効果的に考えることができます。
ここでは、別れさせ屋を依頼する前に、まとめておいた方がよい情報をご紹介します。

・住所、周辺の住民との関係性
間違いなく必要となるのが、住所ですよね。周辺住民の方と関係性があるのであれば、その関係性も情報として提供します。

・仕事/職場
どんな仕事で、どの職場に通っているのか、出勤時間やいつもの退勤時間なども、別れさせ工作を仕掛けるうえで調査員が知っておきたいポイントです。

・友人/知人関係
どのような友人とどのくらい頻繁に会っているのか、どのような知人がいるのかもある程度把握し、情報提供することが必要となります。

・習慣となっている行動
例えば、毎日同じカフェに寄る、昼食は必ずここで食べる、スポーツクラブに毎週〇曜日に通っているなど、習慣として行っている行動で調査員が接触できそうなポイントを把握し、情報提供します。