ケースバイケースな別れさせ屋工作の方法〜その一例紹介

ケースバイケースな別れさせ屋工作の方法〜その一例紹介

suvolley No Comment
howto
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ケースバイケースな別れさせ屋工作の方法〜その一例紹介
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ケースバイケースな別れさせ屋工作の方法〜その一例紹介Get Suvolley

別れさせ屋の方法はケースバイケース

別れさせ屋工作には幾つもの方法があり、それはそれぞれの場合・依頼案件によって異なります。なぜかと言えば、依頼主と対象者との関係性や状況はそれぞれで違うからです。例えば、結婚して10年目か婚約をしたカップルとでは、関係も状況もまるで違いますし、対象者の性格や性別、職業などによる部分もありますから、無限に近いバリエーションがあるわけです。ですから、別れさせ屋が行う工作は、ケースバイケースなのです。その中には、以下の方法を取った別れさせ屋もおります。

女性に女性を近づけ、友達にさせる

ある女性から、女癖の悪い彼氏とその好きな相手を別れさせてほしい、と依頼がありました。その依頼者は、彼氏から本命の彼女と言われ、またそうであったらしいのですが、その女癖の悪さから彼氏に他の本命の相手ができてしまった、という案件でした。そこで別れさせ屋が取った方法は、対象者の女性(彼氏の新たな本命相手)に対して女性工作員を接近させる、というもの。女性相手に対しては、男性工作員を接近させて恋愛関係を築かせるか、女性工作員を接近させて友達関係を築かせ、そこから別れさせるという二つの方法があるのです。

この方法の実際のシーン

そして、対象者の女性の付近で男性工作員が女性工作員をナンパします。男性工作員はしつこくナンパをする演技を続け、またその女性工作員も非常に困っている演技をし、その困惑と迷惑な思いから対象者の女性に助けを求めるのです。ナンパに困る女性から求められた助けであるから、女性はその女性工作員をそこまで警戒心なく助けてあげて、男性工作員は退散します。その後、また別の場所で、別の男性工作員が対象者の女性をナンパし、今度は先ほどの女性工作員が対象者の女性を助けるシチュエーションを作ったのです。そうして、その対象者の女性と女性工作員の友情が成立し、友達として話を聞いていくうちに、好みの男性のタイプを聞き出します。最後に、好みに合いそうな男性工作員を何人か引き合わせたところ、「こちらの方が良い」と簡単に別れさせ屋工作が成功に終わったそうです。こんな方法での別れさせ屋工作もあるわけで、このように別れさせ屋はケースバイケースで、その依頼に合った有効な方法で工作を図るということなのです