別れさせ屋に依頼したいけど……大体どれくらいの料金を用意したらいいの?

別れさせ屋に依頼したいけど……大体どれくらいの料金を用意したらいいの?

suvolley No Comment
price
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋に依頼したいけど……大体どれくらいの料金を用意したらいいの?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋に依頼したいけど……大体どれくらいの料金を用意したらいいの?Get Suvolley

世の中には、特定のカップルの離別を強く望んでいる人がいます。不倫相手を離婚させたかったり、ずっと前に分かれた恋人ともう一度結ばれるために、今現在付き合っている人と別れて欲しかったり、仕事をしない男と結婚してしまった娘をどうにか離婚させたいと考えている親だったり……そんな人達のために存在しているのが「別れさせ屋」です。ターゲットの異性や同性の工作員を接触させ、様々な方法を用いて人間関係を操作し、別れさせることを仕事としている人たちのことを指します。でも、一つのカップルを別れさせる……場合のよっては離婚させるようなことは一朝一夕でできることではありません。計画が長期にわたることも当然あります。では「別れさせ屋」を雇おうと思ったらいったいいくらほどの金額を用意したらいいのでしょうか。

料金は計画の内容や難易度により千差万別です誰かを離別させるための計画を進めるためには、複数人の工作員が動く必要があります。それも難易度によってな長期になったり短期で済んだり……ターゲットの行動を監視するためにも、長期間にわたる尾行や監視が必要な場合もあります。一日24時間張り込んでいる必要があるときもあるかもしれません。以上のようなことからわかるように、別れさせ屋を雇うには、一般人の金銭感覚では決して安くない金額を支払う準備と覚悟が必要になるのです。例えば探偵に誰か特定の人間を一日尾行するように依頼した場合、大体平均的に一日10万円ほどかかります。尾行にかかる人件費、車や集音器、マイクなどの機材など、特定の人間の行動を監視するにはかなりの準備が必要になるのです。別れさせ屋の場合はただ後を尾行すればいいだけではなく、ターゲットに接触し、人間関係を構築、場合によってはそれ以上の関係を作っていかなくてはならないのです。その時間にかかるお金、リスクにかかる費用などを考慮すると、大体100万円から300万円ほどの出費は覚悟しておかなくてはなりません。

お金をしっかり準備しておかないと、途中で計画終了……なんてことももちろんそれで済めばいいですが、計画が長引いた場合それ以上のお金がかかることになるのです。計画が失敗したからといって支払わなくてもいい、ということはありませんし、計画の途中でも金策が練れなくなってしまってはそこで終了となってしまいます。依頼をする前には、しっかりと話し合い、準備をしておくようにしましょう。