「別れさせ屋は何に料金がかかっているのか」

「別れさせ屋は何に料金がかかっているのか」

suvolley No Comment
price
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「別れさせ屋は何に料金がかかっているのか」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「別れさせ屋は何に料金がかかっているのか」Get Suvolley

別れさせ屋と契約する場合、料金の相場として100万円から200万円は必要と言われております。なぜそこまでかかってしまうのか、何にそんなに料金がかかっているのか、疑問に思う人もいるでしょう。別れさせ屋が交錯する上で、どんなことに費用が発生しているのか、見ていきたいと思います。

<費用が高くなる理由>
料金が高くなる理由は、契約する期間が長くなってしまうからです。最低でも1カ月、長ければ4カ月から半年かかることもあります。その間、調査員や工作員を雇ったりしなければなりませんので、その分の人件費がかかります。また、調査をするためには、交通費もかかりますし、工作するためには、諸経費がかかります。そういったものも含め、費用が高くなっていってしまうのです。また、調査員は会社内に所属している人が行うことが多いのですが、工作員は外部から雇うケースが多くなります。別れさせ屋は、ターゲットに工作員を近付けて、別れさせる方向へ誘導する手法を取るのが一般的です。

時に異性を近付けたり、同性を近付けて親密になって感情をコントロールしていくこともあります。ターゲットに好かれそうな人、親密になれそうな人を選ぶ必要がありますので、適した人材を雇うことが多くなるのです。だから、実は工作員に対する費用が一番高額になってしまいます。1名あたり、1回の工作で15,000円、というところも珍しくなく、工作している期間中は常に費用が発生し続けるため、100万円を軽く超えてしまうのです。そして成功報酬です。これは別途払ってもらうところもあれば、最初の契約金の中に含まれているところもあります。含まれていない方が、その分契約金は安くなるため、失敗した時のリスクは軽減されます。一般的には成功報酬は20万円から30万円が相場とされております。

やはり別れさせ屋で一番かかる料金は人件費です。調査員は一日中尾行をし下調べをすることもありますし、工作員を外部から雇うこともあります。何かと人手と時間がかかってしまう内容だからこそ、依頼人は契約時に多額を料金を支払う必要があるのです。