『別れさせ屋の料金システムはどうなっているの?』

『別れさせ屋の料金システムはどうなっているの?』

suvolley No Comment
price
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『別れさせ屋の料金システムはどうなっているの?』
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
『別れさせ屋の料金システムはどうなっているの?』Get Suvolley

別れさせ屋に依頼する際に一番気になるのは、料金ではないでしょうか。
何となく高そう、と思いますが、商品として形のあるものを購入するわけではないので、業者によって料金に差があるようです。
別れさせ屋の料金体系はどのようになっているのでしょうか。

■料金には工作に必要な経費がすべて含まれる

ほとんどの別れさせ屋は、最初に着手金を支払うようになっており、工作が成功すれば成功報酬を支払うシステムになっています。
着手金と成功報酬の金額を比べると、着手金の方が高くなっています。
それは、着手金の中に、工作をするためにかかる人件費を含めたすべての費用が含まれているからです。その着手金をやりくりして工作活動を行うのです。
着手金は、工作に必要な経費を計算して、そこから料金を算出します。工作方法はケースによってすべて違うので、経費も当然違ってきます。中には、料金システムが画一的なところやパック料金を設定しているところもありますが、それは稀です。
腕の良い工作員や経験を積んだ工作員を投入する場合は、それなりに料金も高くなります。また、高い料金を支払えばそれだけ制限が少なくなるので、工作範囲が広がってできることが多くなり工作員も動きやすくなります。
だからといって、高いだけが決して良いということではありません。
契約書を交わす前に料金の見積もり書を出してもらい、内訳をきちんと説明してもらうと良いでしょう。わからないところは遠慮しないで質問をして、どこまで工作をしてもらえるのかをハッキリさせておきましょう。

■情報量も料金に反映

依頼をする際に提供する情報量も、料金を計算する上で大切な目安になります。別れさせ工作は、ターゲットの詳細な情報に基づいて緻密なプランを練った上で行います。ですから情報はとても重要です。その情報量が多ければ多いほどターゲットの人となりや行動パターンが把握できて、プランも練りやすくなり、成功率が高くなる可能性があります。
もし情報量が少ないと、工作員が調査をして情報収集を行う必要があり、当然余分な費用が発生してきます。またターゲットの周りを調査していると、感づかれてしまうリスクもあります。
そのような余分な経費を抑えリスクを回避するためにも、依頼をする際にはターゲットの情報を詳しく伝えることが大切です。