Monthly Archives:12月 2019

別れさせ屋は東京に一極集中

suvolley No Comments

《なぜ、東京に多いの?》

「別れさせ屋」が東京に多いのはなぜなのでしょうか?
単純に人口が多いからです。人口が多いと言う事は、男女間の恋愛トラブルも多い事で、必然的に依頼案件が多い事につながります。
隣接する神奈川県や千葉県、埼玉県を含めれば、さらに多いことになります。案件が多い事は有る程度の規模の事務所を置く事が可能になりますし、優秀なスタッフの人材確保も容易になり、とにもかくにも人が多いからこそ『別れさせ工作』が人に紛れてやりやすい事になるのです。
また、『対象者に近い』事は、迅速な対応が可能になり、早急に進めるべき案件に合わせた工作が安易と言う事にもなります。
スタッフの交通費や出張費を大幅に下げることができ、他社との料金の差別化が可能です。
東京都は一番別れさせ屋が多くいる地域です。
中でも、交通などの利便性を考えてでしょうか、新宿や渋谷に本社を置き、
大阪や名古屋や福岡、札幌に支社や相談所を設置する業者が多いようです。
依頼者にとっては業者を選択するに当たって色々と比較できるメリットがあるわけです。お互いにウイン・ウインの関係と言ってもいいのではないでしょうか。

《東京業者の選び方》

東京都内の別れさせ屋であれば、本社に足を運ぶのが良いようです。
中には、東京本社といいながら、社員が居ない業者も存在するためです。
会社自体の信頼を得るためだけに、本社を置いていることもあるようです。
実体のある会社で探偵興信所の届出が済んでいる事はもちろん、いつでも連絡がとれる会社でなければ心配になるのも当然のことです。
「別れさせ屋」の業務はネット販売会社とは違います。
会議室(相談室)の有無も確認してみましょう。かなり詳しいプライベートの話をするのですから、それ専用の部屋があるべきです。

《地方の現状は?》

土地柄と言った事もあるのでしょうが大都会と違って、地方の小さな都市の「別れさせ屋」は社長と数名で営業しているような小規模な会社もありますが、東京の大規模な会社が支社や地方に事務所を設けている業者もありますので、依頼する際には業者の規模を前もって調べて置くことも大切かも知れません。

別れさせ屋の料金

suvolley No Comments

『餅は餅屋』といいますから、専門家に依頼するのが一番の得策です。
夫婦間のトラブルでは、「慰謝料は弁護士」「離婚に関する書類の作成は行政書士」「離婚調停は家裁」が妥当ですが、「浮気調査や浮気相手と別れさせたい」こんな時には一体どこに相談すればいいのでしょうか。

《料金の相場ってあるの?》

通常は、最初に経費を支払い、成功した際に利益分を支払うプラン、いわゆる『成功報酬制』をとっている業者が多いようです。

業者は失敗をしたら利益が得られないので、成功確率の高いプランを提案しくることがあります。

また、相談員、調査員、工作員等スタッフの報酬も成功と失敗によって当然違ってきます。ですから、優秀なスタッフはプロとしてのプライドと責任感を持って、案件に取りかかってくれます。そのため優秀なスタッフを抱える業者に依頼するのが懸命です。

大切なのは、プランを組み立てる際にあなたと一緒に費用対効果を考慮しながら考えてくれて、見積もりの中に、不明瞭な部分がないことが重要なポイントです。提示された料金が、ご自身にとって現実的な経費の範囲内でなくてはいけません。

《本当に料金比較で業者を選ぶの?》

「別れさせ屋」は探偵業者が行っていることもあるようです。
正規の探偵興信所は管轄する公安委員会へ届出をしています。しかし、届出を提出しているからといって、優良業者ばかりとは限りません。中には「目的のためには手段は選ばない」、「どうせ社会的非難はあるのだから」などといった考えで別れさせ工作に及ぶ業者もいるようです。依頼者としては、業者が独自に行うとはいえ、「別れさせ工作」は「破局工作」なのだと言う事を充分に理解して、「自己中心的、短絡的」でない依頼が望ましいのです。
「別れさせ屋」には高度な技術が求められます。一方で、その技術やノウハウを学べる所はありません。
そのため、請け負う金額やサービスには幅があります。料金比較だけでなく、細い部分も良く調べて業者選択しましょう。

別れさせ工作ってマインドコントロールなの?

suvolley No Comments

《工作員が浮気相手とどうやって親しくなるの》

自分たちが恋人同士になったときの事を思い出してみると、出会いから始まり、相手があなたを意識していることを感じます。次に会話がはじまります。異性はたくさん話しかけられると自分の事を好きなのだと勝手に妄想することがあります。そしてその相手を信用しはじめ、そうなればお互いの連絡先を交換し、二人だけの会話が増えてきます。その後、二人で遊びにいくようになります。気軽にデートを重ねているうちに、自然と手を繋ぐようになり、お互いに恋愛対象と見るようになります。その後は告白して、、、といったところです。
これと同じような事を工作員は実行すると言われています。でも、出会いから親しくなるまでの具体的な方法を知りたいですよね。

《恋愛トラップ》

浮気相手と親しくなるまでの具体的な方法を考えることが「別れさせ屋」の腕の見せ所です。
どのような恋愛トラップにして、どのくらいの時間をかけて別れさせるか。
まさに、商売として成り立つかどうかの生命線なのです。
そのために業者がする事はまず多くの情報を集めます。
まずは依頼人の協力で、聞きとり調査から開始します。
行動パターン、趣味、趣向、それだけではなく過去の交際相手の容姿まで、多岐にわたります。

それこそ、小太りが好きなのか、背は高い方が好みか、ヘアースタイルやファッションまで細かく調べます。
この情報を元に工作員を選抜して、キャラクターを設定し、工作プランを作ります。容姿で工作員を選ぶとなると、やはり小規模でなく、多くの工作員が所属する会社に依頼するほうが成功率を上げることになるのではないでしょうか。

後は、限られた時間と経費の中で成功するには、工作員の能力に左右されます。「別れさせ屋」が公表できないテクニックも数多くあります。見積り書を受取る時など、細かい打合せの時に方法などの説明をしてもらう事が大切です。

《依頼した事がバレないの?》

工作をしている間に依頼人がいつもと同じ行動でなく、不自然な行動をとってしまったため、不信感を抱かれ、近しい浮気相手にバレてしまったことがあるようです。
「大切な人を失いたくない」の気持ちは分かりますが、依頼人がすべき事は焦って計画の邪魔をしてしまうことのないように、静かに信じて待つ事が必要です。

そもそも別れさせ屋って何?

suvolley No Comments

男女間では浮気・不倫などの恋愛問題が多々発生するものですが、そんな時に相談相手として利用されるのが「別れさせ屋」です。
一度は耳にした事があると思いますが、そもそも「別れさせ屋」って何なのでしょうか?

「浮気相手と別れさせて欲しい」「浮気相手から最愛の人を取り戻したい」と言った依頼者からの希望に対して、浮気相手に接触して別れる状況を作るのが「別れさせ屋」の仕事です。
ターゲットは恋人の浮気相手や既婚者の不倫相手になります。
その他、息子や娘の交際相手などがあります。

既婚者に多い、「別れたいけど、不倫相手と別れられない」とか「離婚したいけど離婚できない」と言った案件にも対応します。もっともこれらは弁護士の仕事かもしれません。また、浮気・不倫を調査し、証拠や慰謝料請求の準備など、行政書士の分野にも及びます。

数多くの案件に接し培った高度な技術を持つ相談員・調査員・工作員など、依頼された案件にもっとも適したスタッフを選抜して、ターゲットから別れさせるために最良のプランを立てて実行するのが「別れさせ屋」なのです。

《復縁屋の存在》

剥がすノウハウが有るなら、接着するノウハウも持っているはずで、「別れさせ屋」は「復縁屋」であることもあります。

「恋人と別れそうなので、別れを回避したい」
「元カレ(元カノ)と復縁する方法が知りたい」と言った別れさせ工作とは異なった依頼や、既婚者からは「別居状態から夫婦関係を修復したい」「離婚しそうなので、回避したい」や「離婚してしまったけど、復縁したい」と言った復縁工作の依頼もあります。

《難問解決》

無理難題を持ち込まれる事もあります。「不倫で妊娠したので、解決して」「不倫相手を愛しているので結婚したい」などの難題です。
このような場合には、弁護士や行政書士など、法律問題が解決できるプロを紹介するのだそうです。

「別れさせ屋」の中には、「出会いのきっかけを作る方法」「片思いの相手と付き合う方法」「結婚のきっかけを作る方法」などを教えてくれる親切な業者もあるようです。多岐にわたる問題に取り組んでいる「別れさせ屋」ですが、
DVや嫁姑問題の解決ノウハウはあまり持っていな可能性もあります。