Monthly Archives:4月 2022

東京で別れさせ屋を依頼する際の料金について

suvolley No Comments

「別れたい」「別れさせたい」という時に強い味方となってくれるのが別れさせ屋です。しかし、別れさせ屋を依頼し成功に導くには、高額な費用が必要になります。特に、東京で別れさせ屋を依頼する場合は、他の地域よりも料金が高くなると言われています。今回は、東京の別れさせ屋の料金が高い理由を紹介します。

■東京都心のテナント料は非常に高い

ほとんどの別れさせ屋は事務所を構えており、東京では、新宿や渋谷、品川、池袋などオフィスが集中する場所に別れさせ屋も点在しています。
事務所では依頼人の話を聞いたり別れさせ工作のプランを立てたりするので、依頼人には何度か事務所へ来てもらうことになります。しかし、事務所がわかりにくかったり迷ったりするような場所だと、依頼人を困らせてしまうでしょう。そのため、事務所はわかりやすくてアクセスも良い場所である必要があります。

しかし、東京の都心に事務所を構えるには、テナント料が非常に高くなります。別れさせ屋も会社を維持するために、工作にかかるさまざまな費用を高く設定する必要があります。東京で依頼する際は、別れさせ屋の一般的な相場よりも多く予算が必要だと認識しておきましょう。

■東京で別れさせ屋を依頼する際に費用を抑えるには?

東京の別れさせ屋は、どうしても他の地域よりも料金が高くなってしまいますが、できれば費用を抑えたいと思うでしょう。費用も大切ですが、それよりも信頼できる会社を選ぶことが重要です。
特に、全国規模で展開している別れさせ屋の場合、本社を東京に置いているか確認してください。本社は会社の代表的な存在で、全ての情報が集まる場所です。支社の場合、品質がばらつく可能性もありますが、会社の代表である本社ならそのような心配はいりません。

また、東京には別れさせ屋の数が多いので、いくつか会社を比較して自分に合ったところを選ぶことができます。費用が気になる場合は、何社か見積もりを出してもらえば、安い会社に依頼することも可能です。

東京で別れさせ屋を依頼する場合は、他の地域に比べて費用が高くなります。しかし、人が多く集まる大都会の東京では、ターゲットへの接触や情報収集、調査などがしやすいというメリットもあります。数ある別れさせ屋から自分に最適な会社を見極めて、明るい未来を手に入れましょう。

別れさせ屋の料金システムは「実働回数型」がおすすめ

suvolley No Comments

別れさせ屋を依頼する際に、最も気になるのが「一体いくらかかるの?」「料金設定はどうなっているの?」など、料金についてでしょう。今回は、別れさせ屋の料金設定について紹介します。

■「期間契約型」と「実働回数型」がある

別れさせ屋では、「期間契約型」と「実働回数型」の2種類の料金システムに分けられます。
期間契約型は、契約期間と料金があらかじめ決められているもので、実働回数型は、実際に工作した回数によって料金が決まるシステムです。

期間契約型の場合、「期間内ならいくらでも工作を行ってくれて、料金も決まっているから安心」と思われるかもしれません。
しかし、毎日工作を行ってターゲットに近づいても、行動が不自然で怪しまれてしまうこともあるでしょう。また、契約時に「週2回は工作します」と言っておきながら、実際には、期間内にたった1~2回しか工作を行わないという悪徳業者も存在します。契約してから騙されてしまうこともあるので、期間契約型には注意した方が良いでしょう。

■実働回数型がおすすめの理由

もちろん、期間契約型でも結果を出せるように尽力してくれる会社も多いです。しかし、どんなに信頼できる会社でも、期間契約はやめた方がいい場合があります。それは、ターゲットが不定期な職業や不規則な行動が多い場合です。
例えば、トラックの運転手やキャビンアテンダントなどは、家を留守にすることが多く、居場所を特定するのが難しいので、工作を行おうとしてもできない状況が続いてしまうこともあります。

また、工作は短い期間に何度も行えば良いということではなく、重要なのはタイミングです。実働回数が増えれば料金も高くなりますが、期間を気にすることなく必要なタイミングで慎重に工作を行っていくので、成功率を高めることができるのです。

別れさせ屋の料金システムについて取り上げました。別れさせ屋には、期間契約型と実働回数型を設定しているところが多いですが、実働回数型の方が安心して依頼できるでしょう。
ただし、料金だけで決めるのではなく、スタッフの信頼度や提案力などを見極め、依頼を成功させようとする本気度が伝わってくるかも大切です。実働回数型でも、細かく報告をしてくれるかどうかも確認しましょう。

別れさせ工作では心理誘導が使われることもある

suvolley No Comments

別れさせ屋の工作員がターゲットに接触し、別れさせるための工作方法はいくつかあります。ここでは、別れさせ工作として行なわれるの「心理誘導」について紹介します。

■心理誘導とはどんな工作方法?

別れさせ屋が行う心理誘導とは、「今の彼女と別れた方が幸せになれる」「元彼の方が良かった」とターゲットに思わせるように、工作員が誘導させる方法です。
ただし、ターゲットに別れを勧める直接的な言葉を使うわけではありません。では、どのように誘導するのでしょうか。
ターゲットに近づいて信頼関係を築き、いろんな話をする中で、工作員から自分の話をします。ターゲットと似たような境遇や状況であることを話し、恋愛相談を持ちかけます。そして、工作員の考えに共感させて、ターゲット自身のことと重ねて考えさせるのです。

例えば、ターゲットから「今付き合っている彼女は、家事が苦手だからと全くしない」と不満に思っていることを聞き出したとします。工作員は同じような経験がある設定で、「自分も前の彼女が掃除とか料理とか全然しないタイプで、一緒にやればいいと思ったけどあまりにも直そうとしなかったから、結婚を考えた時に別れた方がいいと思った」といったことを話します。すると、ターゲットは自分のことに当てはめて、自然と工作員の考えに誘導されるのです。

■優秀な工作員が必要

家事が苦手という理由で別れることができれば良いのですが、それだけでは難しいでしょう。ターゲットへの信頼関係を築きながら、別れに向けて心を少しずつ動かすことが大切なのです。

工作員は、別れさせ工作を行う前に調査した情報に加え、工作を行う中で得た情報、ターゲットの反応によって、工作内容やプランを考え直しながら進めていきます。
ターゲットから話を聞き出すには、自然な形で接触して何でも話せるような関係にならないといけません。そして、聞き出した情報から、どうしたら別れに繋がるかその場で工作方法を考えて、何気ない会話から誘導する技術も必要になります。

別れさせ屋の工作員は、ターゲットを心理的に誘導する力や、どんな状況にも臨機応変に対応できる能力が必要になります。別れさせ屋を選ぶ際も、このような優れた工作員がいるか確認することが大切です。

円満に別れたい時は別れさせ屋へ相談

suvolley No Comments

恋人との円満な別れを望んでいるのに、なかなか別れられないという悩みを抱えている方もいるでしょう。注意が必要なのは、「別れ話をすると手をあげられる」「職場に押しかけてくる」「つきまとわれる」など、重大な問題や事件につながる可能性があることです。このような悩みを抱えている方は、プロの別れさせ屋に相談することで解決へ導いてくれます。

■別れるにはどうしたらいいの?

別れたくても別れられないケースで多いのが、「別れたい」と相手にしっかりと伝えていない場合が多いです。また、別れの意思は伝えたけど、相手に言いくるめられて、結局関係を続けてしまっている場合もあります。
「新しい恋人を作ってもいいから、体の関係だけは続けよう」「友達でいいからこれからも会おう」と、何かしらの理由を作って繋がろうとしてきても、あなたは強く断れないかもしれません。
相手は、あなたが円満な別れを望んでおり、強く振ることができないとわかっているから、そのようなしつこい態度や嫌がらせをしてくるのでしょう。

「友達に戻ろう」と言われた場合も、本当に友達だけの関係に戻れるのなら良いのですが、徐々に友達以上の関係を求められるケースもよくあります。
絶対に別れたいと思ったら、「今後一切連絡は取らない」「もう会うことはできない」とはっきりと意思を伝えることが大切です。

■別れさせ屋の工作とは?

別れの意思を伝えると言っても、なかなか強く言えない性格の方もいるでしょう。そのような方は、別れさせ屋に相談しましょう。

別れさせ屋というと、ターゲットに異性の工作員を近づけて親密な関係を築き上げて、依頼人への気持ちを遠ざけるといった方法をイメージするかもしれません。このような工作も実際に行われており、それによって成功に繋がることもあります。
しかし、工作員は依頼の期間が終わればターゲットの前から去ることになるので、再び元の恋人のところへ戻ってきてしまうこともあります。

有効な別れさせ工作として、ターゲットの恋愛感情を消す方法があります。同性の工作員がターゲットに接触し、友達として関係を築いていきます。良い関係になったら、何でも話せる相談相手として、恋愛事情や本音を聞き出します。そして、趣味の場を作ったり新たな出会いを勧めたりして、依頼者と別れるように誘導するのです。

恋人と別れたいけどなかなか別れてくれない…そんな悩みを抱えている方は、別れさせ屋に相談してみましょう。話を聞いてもらうだけでも、心が楽になると思いますよ。