東京都の別れさせ屋について

東京都の別れさせ屋について

suvolley No Comment
getsuvolley

東京都には現在約1,395万人もの人々が暮らしています。

一番人口が少ないといわれている鳥取県の約55万人と比べると、25倍以上の人が東京都に住んでいるので、人が多い分、カップルや夫婦の数も多くなりますよね。

そこで、今回は東京都の別れさせ屋の実態について見ていきたいと思います。

1.地方の別れさせ屋との違い

別れさせ屋は全国に会社があり、それぞれのやり方で別れを実現しています。

成功率も依頼によって変わってくるので、東京の別れさせ屋は成功率が高く地方の別れさせ屋は成功率が低いというふうに、東京の別れさせ屋が良いということは一概に言うことができません。

東京と地方との違いがあるとすれば、東京は移動が電車かバスまたは徒歩で、どこに行っても比較的すぐ近くに娯楽施設がたくさんあります。そのため、仕事終わりなどに出かけたりすることが多いので、工作員が接触しやすくなります。しかし地方では移動は車であることが多く、娯楽施設も東京に比べると圧倒的に少ないので、工作員が接触しにくいというデメリットがあります。

2.東京都の別れさせ屋について

どこの別れさせ屋も共通して行っていることは、ターゲットと自然な形で出会い、仲良くなっていく手法です。

見ず知らずの人に「〇〇と別れた方がいい」と言われても、素直に聞く人はいませんよね?

そのため、仕事終わりや休みの時に偶然を装って自然な形で出会うことができる東京のほうが少し有利にはなります。

地方だと車に乗って家に直帰だと、その分自然に出会うことができる選択肢が減ってしまうのです。

そういう観点からみると、東京はターゲットと工作員が接触しやすい分自然な出会いになって今後の進捗もスムーズにいくことが多いです。

しかし、その後は工作員の調査・手法などによるので、東京だから成功しやすいということを保証するものではありません。

東京都と地方の別れさせ屋についてお話致しましたが、ターゲットとの接触のしやすさに違いこそあるものの、その後の進展についてはやはり依頼内容・工作員の接触や手法・ターゲットの気持ちの変化などによって大きく変わります。そのため、「東京都だから成功しやすい」というものではありませんので、依頼をするときの参考にしてみてください。