復縁相談は誰にするべき?相談相手を間違えないためにチェックしておくこと

復縁相談は誰にするべき?相談相手を間違えないためにチェックしておくこと

suvolley No Comment
getsuvolley

事情があって別れた人だけれど、どうしても復縁したい!

でも、思い悩んで一人で抱え込んだところで、なんの進展もありません。

こんな時、誰に相談したらよいのでしょう。

また、相談相手を間違えないためにも、チェックしておきたいことも考えておきましょう。

■そもそも復縁できるのか、書き出して整理してみる

まず、なぜ別れに至ったのかを思い起こしてみましょう。

原因はいくつか思い当たるはずです。

それを冷静に紙に箇条書きしてみると、その時の感情が思い出されるはずです。

さて、別れるに至った書き出された項目を確認しながら、現在の自分の状態を重ねて次のことを考えます。

・今なら解決する方法を知っている
・今なら許すことができる
・今なら向き合って話せる
・今なら相手を説得できる

項目を一つ一つチェックしながら当てはまるものを消去して、当てはまらなかったものをまとめます。

それを確認して、その時の状況や感情を思い出しても、それでも復縁したいと思うのなら、次は相談相手を決めましょう。

■復縁相談の相手は自分に近い人?自分を知らない人?

いざ相談をするとなっても、どのような人にすればよいのか悩んでしまいます。

自分に近い人は自分のことを知っているので、相談はしやすいけれど、外に漏れる可能性もあります。

相談業を生業にしているような自分を知らない人に相談すると、秘密は漏れないし、自分では気付かないようなアドバイスもくれるので、意外な解決法を見つけ出すこともできます。

どうしても相談相手が見つけられない時、そのように相談のプロにお願いすることで、むしろ納得のいく回答をもらえるかもしれません。

相談をする相手は、別れた状況を知っている人の方が協力してくれそうだとか、秘密がもれないように進めたいとか、復縁に向かって成功するのはどちらかを考えてみることで見えてくるでしょう。

そうやって分析していくことで、失敗のない相談相手を選ぶことができるでしょう。

相談相手を間違うと、成功どころかこじらせてしまう場合もあるので、しっかり考えて決めたいものです。

そのための一つの方法として、別れた時のことを振り返ることで相談相手を選ぶことはもちろん、前向きになれるきっかけになるかもしれません。