不倫の恋愛相談は誰にどうすればいい?注意点をチェック

不倫の恋愛相談は誰にどうすればいい?注意点をチェック

suvolley No Comment
getsuvolley

恋愛の中でも、不倫はとてもむずかしい悩みのひとつです。

不倫は社会的に歓迎されるものではありません。

そのため家族はもちろん、友人にも気軽に相談できるものではないでしょう。

しかし「誰かに相談したい」と考えたとき、誰に、どうすればいいのか注意点をご紹介します。

■友達でも信頼できない人や不倫に嫌悪感を持つ人への恋愛相談はNG

不倫の恋愛相談をする相手は見極めが重要です。

長年付き合っている友達だとしても、簡単に相談するのはNGです。

友達は理解者のひとりかもしれませんが、口が軽ければ相談しないほうがよいしょう。

不倫に嫌悪感を持っている場合も、相談相手としてふさわしくありません。

「不倫をしている」という行為自体が許せず、喧嘩になるリスクもあり、最悪、人間関係が壊れることもあります。

不倫の恋愛相談は相手を慎重に選ばなければならないのです。

■不倫の恋愛相談を人にするときは嫌な意見でも素直に聞くようにする

相談するときに注意したいのが、意見を素直に聞けないことです。

本当に悩んでいるからこそ、相談相手は真剣に考えてくれます。

「自分とは考えが違う」「耳が痛くなる意見」「逃げたくなる意見」もあるかもしれません。

しかし反論すれば今度は相談相手との喧嘩に発展しかねないです。

意見を求めず話だけ聞いてもらいたいなら、その旨を事前に伝えておきましょう。

意見を聞きたいなら厳しい内容でもきちんと聞く覚悟が必要です。

■電話での恋愛相談なら不倫の話もしやすい

「不倫の恋愛相談なんて気軽にできない」なら、自分を知らない相手に相談するのも選択肢です。

恋愛電話相談やメール相談なら、相手に名前や住所などを教えなくても大丈夫ですし、不倫の相談もできます。

知っている人なら「誰かにいわれるかもしれない」という不安が生まれますが電話相談などなら心配無用です。

また、知らないからこそ、伝えた内容のみで客観的な意見もしてくれます。

不倫の恋愛相談は繊細な悩みだからこそ。相談相手は慎重に選ばなければなりません。

相談相手が不倫を嫌悪しているなら、以降の人間関係にも影響が出ます。

影響が心配なときは、恋愛電話相談などの利用を考えてみましょう。