恋愛相談は見極めないとトラブルに発展!しないほうがいい相談相手とは?

恋愛相談は見極めないとトラブルに発展!しないほうがいい相談相手とは?

suvolley No Comment
getsuvolley

恋愛相談を異性の友だちにしたいと考えている方もいるでしょう。

異性の友だちにする場合、注意点があります。

無視すると、友人関係が崩壊する危険性もあるため、最悪の状況になってしまわないよう、注意点をご紹介します。

■恋愛相談は自分に好意を持っているかもしれない相手にはしない

自分はあくまで友だちとしてしか見ていないが、相談相手も同じ気持ちとは限りません。

日頃の言動や態度から「もしかしたら自分に好意を持っているかもしれない」と思える異性の友だちには、恋愛相談はしないほうがいいでしょう。

自分が好きな相手から恋愛相談をされるほどきつい仕打ちはありません。

脈がないと判断した場合、やけになって失敗するほうへ誘導するようなアドバイスをしてくるリスクもあります。

大切な友人だと感じているなら、トラブルにつながらないよう、自分に好意を持っている異性には恋愛相談をしないほうが無難です。

■恋人がいる異性の友だちに恋愛相談はしないほうがいい

なんでも相談できる異性の友だちでも、相手に恋人がいる場合、慎重にしなければなりません。

もし、ふたりきりで話をしているところを相談相手の恋人が見たらどう思うでしょうか。

「男、あるいは女として見たことがない」と言い張っても、恋人は不安だらけです。

恋愛相談がきっかけで、相談相手とその恋人がケンカや別れ話をはじめたら責任問題に発展しかねません。

恋人がいる異性の友だちに相談をするなら、ふたりきりは避けましょう。

■恋愛経験豊富でもおしゃべりな相手はNG

恋愛経験豊富だとしても、相談相手がおしゃべりなら、相談をするのはやめたほうがいいです。

異性の友だちなら、好きな相手の気持ちもわかるだろうと考えるのは間違いではありません。

さまざまな恋愛を経験しているなら、自分の体験談を含めてモヤモヤを吹き飛ばすアドバイスをしてくれる可能性はあります。

しかし相談内容が第三者に話してみたらどうでしょうか。

具体的な名前を出さず「知り合いの知り合い」という形でも、いい気分にはならないですし、不安がつのるばかりです。

おしゃべりな相手には恋愛相談をしないほうがいいでしょう。

■異性の友だちに相談しても解決しないならプロに相談

異性の友だちに相談できない事情があるなら、恋愛電話相談でプロに相談するのも悪くありません。

異性の友だちが自分を好きかもしれない、恋人がいて誤解が生まれるかもしれない、おしゃべりで話せないなら、客観的な意見をいえるプロに相談することが恋愛成就の近道です。