「電話で恋愛相談をする際に気をつけたい2ポイント」

「電話で恋愛相談をする際に気をつけたい2ポイント」

suvolley No Comment
getsuvolley

恋愛は楽しく幸せなもので、人生に華を添えてくれるものですが人間対人間の関係なだけにその悩みはつきものです。
自分の胸に長く悩みをしまっておくのもつらいものです。
しかし、友人に打ち明けるのは…と躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。

■恋愛相談を電話でするならまずは相談したい事をピンポイントに書き出して

知人、友人、肉親などに恋愛相談がしにくい…という方におすすめなのが電話恋愛相談です。料金こそかかりますが、心理学の資格を取得しているカウンセラーや様々な恋愛問題に関してアドバイスをおくってきた経験値の高いプロが電話の向こうに居ます。何より守秘義務は守られ、誰かに情報漏洩することもなく、他人であるだけに感情的ではなく冷静且つ客観的・適格なアドバイスを受けることが可能です。
恋愛電話相談する上で気を付けたいことは、電話をかける前にメモなどでかまいませんから、相談したい事を箇条書きで簡単に書いておくことです。
いざ電話となると、あれこれ話したものの、肝心なことを相談出来ず終わっていた…という経験は誰しもあるのではないでしょうか。

■恋愛相談を電話でするならあくまで冷静に相手の言葉を受け止めて

恋愛相談をする上で大切なことは相手の言葉をあくまで冷静に受け止める冷静さです。あなたが思う通りの回答を相手がくれるとは限りません。
けれど、電話の向こうのプロはこれまでの恋愛電話相談のあらゆる経験や心理学的観点、自身の人生経験から総括してあなたの悩みに客観的判断を回答として出しています。もちろん、人間同士ですから、あなたと合う・合わないという事もあることでしょう。いずれにしても、感情的になり、泣きわめいたり、相手に罵声を浴びせたり、文句を言ったりしては相談になりません。相手の下した回答も「一つの考え方」と冷静に受け止めるだけの心的状況の時に電話相談をすることをおすすめします。情緒不安定な時や落ち込みが激しい時などは一拍置いて、自分の悩みの要点をまとめてから電話相談するとよいでしょう。

■電話恋愛相談の冷静な判断で良い未来を

恋愛は相手恋しさに思わず感情的になることも少なくありません。
しかし、自分自身の恋愛におけるこれからを問う場合、大切なのは冷静さです。物事を冷静に受け止めるのと同じように、恋愛においても冷静に受け止め、考えてみましょう。恋愛電話相談においても同様に、冷静に相手の言葉を受け止め、考え、あなたなりの結論を出しましょう。