不倫相手の離婚のきっかけを作るのはどうしたらいいの?

不倫相手の離婚のきっかけを作るのはどうしたらいいの?

suvolley No Comment
getsuvolley

不倫相手があなたのことを大切に思っていてくれても、奥さんと離婚するのは簡単なことではありません。離婚したいと思っていても、それを実行できないでいる男性も多く、何の発展もないままずるずると不倫関係を続けてしまっているようです。そんなハードルの高い離婚に踏み込むのは、どんなことがきっかけなのでしょう。

■誰かに取られてしまいそうで焦った時

不倫相手の周りに他の男性の影が現れると、取られてしまうのではないかと不安になるでしょう。特に、その男性が独身の場合は、自分との不倫関係に嫌気をさして、そのうちに捨てられてしまうのでは…と心配になり、自分だけのものにしたいという気持ちが大きくなります。

そのため、「早く妻とは離婚して、一番大切に思っているのは彼女だけだと伝えたい!」と、離婚を決断するきっかけになるのです。

■不倫相手の方が魅力的と感じた時

妻よりも不倫相手の方が魅力的だと感じた時に、離婚したいと強く思う男性も多いようです。

離婚まで考えていなくても、普段から妻の言動や態度に不満があったりうんざりしたりしている男性もいるでしょう。例えば、「すぐに怒ってガミガミうるさい」「話を聞いてくれない」「家でゴロゴロしているだけ」など、小さなことでも毎日続くと大きなストレスになります。

不倫相手がいる場合は、妻と不倫相手を比べるようになります。そして、「彼女の方が思いやりがあって優しい」「自分のことを必要としてくれる」「きっと幸せになる」と感じた時、離婚して不倫相手と一緒になりたいと強く思うようです。

■離婚しないと失ってしまうと強く感じた時

不倫相手を自分だけのものにするには、離婚するしかありません。そのことは十分にわかっていても、どうすることもできずにいるでしょう。

しかし、相手が自分の前からいなくなった時のことを考えた時に、自分にとって相手がどれだけ大きな存在かを実感して離婚を決意するようです。
今の家庭を壊すか不倫相手を失うこと、どちらが自分にとってダメージが大きいかを考えても、不倫相手を選ぶほど大切な存在になっているのです。

不倫している女性の中には、「奥さんとは離婚してもらって、不倫相手と結婚したい」という願望を持っている人もいるでしょう。それを叶えるためには、奥さんよりも魅力的だと感じさせ本気で愛してもらう必要があります。
しかし、「魅力的な女性になるにはどうしたらいいの?」「本気で愛してくれているのだろうか」など自分ではわからないことも多いでしょう。不倫の悩みは誰にも言えないことなので、1人で悩んで辛い思いをしている方は、恋愛電話相談を利用しましょう。